コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如円尼 にょえんに

朝日日本歴史人物事典の解説

如円尼

没年:寛正1(1460)
生年:生年不詳
室町時代の真宗の尼。本願寺7世存如の妻。応玄,玄康の母。海老名氏の出とされ,応永27(1420)年ごろ存如のもとに嫁ぎ,その際,存如の長男連如の生母が本願寺を退去したと伝える。存如の死に際し,畿内の門末の支援により応玄の擁立をはかったが,本泉寺如乗(存如の弟)の反対で,連如が8世となった。この事件後,母子とも連如に従った。如円尼の13回忌には,「御文」で信心ぶりを賛嘆された。変成男子の願により五障三従の身を離れ極楽往生したとされ,真宗女性の信心の手本とされた。<参考文献>宮崎円遵『真宗史の研究』

(遠藤一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

如円尼の関連キーワード宮崎円遵如一尼

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android