コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如円尼 にょえんに

1件 の用語解説(如円尼の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

如円尼

没年:寛正1(1460)
生年:生年不詳
室町時代の真宗の尼。本願寺7世存如の妻。応玄,玄康の母。海老名氏の出とされ,応永27(1420)年ごろ存如のもとに嫁ぎ,その際,存如の長男連如の生母が本願寺を退去したと伝える。存如の死に際し,畿内の門末の支援により応玄の擁立をはかったが,本泉寺如乗(存如の弟)の反対で,連如が8世となった。この事件後,母子とも連如に従った。如円尼の13回忌には,「御文」で信心ぶりを賛嘆された。変成男子の願により五障三従の身を離れ極楽往生したとされ,真宗女性の信心の手本とされた。<参考文献>宮崎円遵『真宗史の研究』

(遠藤一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

如円尼の関連キーワード蓮如上人湛如上人東本願寺本願寺派お西円如見玉尼善如存如如円尼(3)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone