玄妙(読み)げんみょう

精選版 日本国語大辞典「玄妙」の解説

げん‐みょう ‥メウ【玄妙】

〘名〙 (形動) 幽微妙なこと。おもむきが深くすぐれていること。また、そのさま。
※経国集(827)一〇・帰休独臥寄高雄寺空海上人〈小野岑守〉「披帙遊玄妙、弾琴翫山水
※正法眼蔵(1231‐53)説心説性「玄妙ともに忘じきたりて、二相不生のとき証契するなり」 〔北史‐芸術伝論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「玄妙」の解説

げん‐みょう〔‐メウ〕【玄妙】

[名・形動]道理や技芸などが、奥深く微妙なこと。趣が深くすぐれていること。また、そのさま。「玄妙な教理」「玄妙な思想」
[派生]げんみょうさ[名]
[類語]不思議不可思議不可解不審奇妙面妖めんようみょうへんなぞかい奇異奇怪幻怪怪奇怪異神秘霊妙霊異微妙あやかしミステリーミステリアス奇天烈摩訶不思議けったいおかしい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「玄妙」の解説

【玄妙】げんみよう(めう)

幽深にして微妙。〔淮南子、覧冥訓〕夫(そ)れ物の相ひ應ずる、玄妙深も論ずることはず、辨も解くこと能はず。

字通「玄」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android