玄妙(読み)ゲンミョウ

  • げんみょう ‥メウ
  • げんみょう〔メウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]道理や技芸などが、奥深く微妙なこと。趣が深くすぐれていること。また、そのさま。「玄妙な教理」「玄妙な思想」
[派生]げんみょうさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 幽玄で微妙なこと。おもむきが深くすぐれていること。また、そのさま。
※経国集(827)一〇・帰休独臥寄高雄寺空海上人〈小野岑守〉「披帙遊玄妙、弾琴翫山水
※正法眼蔵(1231‐53)説心説性「玄妙ともに忘じきたりて、二相不生のとき証契するなり」 〔北史‐芸術伝論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玄妙の関連情報