(読み)ト

デジタル大辞泉の解説

と【妬】[漢字項目]

常用漢字] [音](漢) [訓]ねたむ やく そねむ
やきもちをやく。ねたむ。「妬心嫉妬

ねた【妬/嫉】

《形容詞「ねた(妬)し」の語幹から》ねたましいこと。また、恨みに思うこと。根にもつこと。
「宵に悪口(あくこう)せられしその―に、わざと口を裂かるるとぞ」〈曽我・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねた【妬】

〔形容詞「ねたし」の語幹から〕
憎らしいと思うこと。根にもつこと。 「宵に悪口せられしその-に、わざと口を裂かるる/曽我 9
[句項目] 妬に籠む

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

と【妬】

〘名〙 ねたむこと。やきもちをやくこと。
※魚玄機(1915)〈森鴎外〉「女道士仲間では、かう云ふ風に親しくするのを対食と名づけて、傍(かたはら)から揶揄する。それには羨と妬(ト)とも交ってゐるのである」

ねった・い【妬】

〘形口〙 ねった・し 〘形ク〙 「ねたし(妬)」の変化した語。「ちぇっ」「ちきしょう」のように、感動詞的にも用いる。
※平松家本平家(13C前)九「妬(ネッタイ)、左有ば景季も盗む可かりける者を」
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)一「のふのふねったい佐々木殿」

ねった・し【妬】

〘形ク〙 ⇒ねったい(妬)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

妬の関連情報