コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姉崎正治 あねざきまさはる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姉崎正治
あねざきまさはる

[生]1873.7.25. 京都
[没]1949.7.23. 熱海
評論家,宗教学者。帝国大学文科大学哲学科卒業 (1896) 。母校に宗教学の講座が開設され,これを担当 (1904) 。その後,ハーバード,シカゴ,エールの各大学,コレージュ・ド・フランスなどでも講義。東京大学名誉教授 (34) 。日本の宗教学の設立者であると同時に,文芸評論の面でも活躍し,嘲風と号した。ロマン的神秘主義を説き,日本文化の海外への紹介の業績も大きい。主著『印度宗教史』 (1897) ,『仏教聖典史論』 (99) 。その主要論文は『已弁集』 (1934) ,"Kataṃ Karaṇi yam" (34) に収められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あねざき‐まさはる【姉崎正治】

[1873~1949]宗教学者・評論家。東大教授。京都の生まれ。号は嘲風(ちょうふう)。著「宗教学概論」「切支丹伝道の興廃」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

姉崎正治【あねさきまさはる】

宗教学の開拓者。京都生れ。号は嘲風(ちょうふう)。東大哲学科卒。1905年東大に宗教学講座を開設。以後1934年まで教鞭をとり,多くの門下を育てた。仏典研究に客観的・歴史的方法を用い近代的批判に耐え得るものとした。
→関連項目笹川臨風登張竹風

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

姉崎正治 あねざき-まさはる

1873-1949 明治-昭和時代の宗教学者。
明治6年7月25日生まれ。37年母校東京帝大の教授となり,翌年宗教学講座をひらく。海外活動がおおく,日本文化を紹介した。昭和3年フランスのレジオン-ドヌール勲章。14年貴族院議員。昭和24年7月23日死去。77歳。京都出身。号は嘲風。著作に「宗教学概論」「現身仏と法身仏」など。
【格言など】人は希望なしには一日も活き得ない(「予言の芸術」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あねさきまさはる【姉崎正治】

1873‐1949(明治6‐昭和24)
宗教学者,評論家。嘲風と号した。京都に生まれ,1896年東京帝大を卒業。ドイツ,イギリス,インドに留学し,1904年東大教授となる。宗教の実証的研究に新機軸を出すとともに,宗教評論や文明批評の分野で活躍し,国際交流の面でも要職を歴任した。高山樗牛との交友は有名。著書は学位論文の《現身仏と法身仏》(1904)をはじめ,《宗教学概論》(1900),《根本仏教》(1910)など多数。【山折 哲雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あねさきまさはる【姉崎正治】

1873~1949) 宗教学者。号は嘲風。京都生まれ。東大教授。高山樗牛と親交を結ぶなど、文人としても著名。主著「宗教学概論」「切支丹キリシタン宗門の迫害と潜伏」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

姉崎正治
あねさきまさはる
(1873―1949)

宗教学者、評論家。嘲風(ちょうふう)と号した。明治6年京都府生まれ。東京帝国大学哲学科卒業。ドイツ、イギリス、インドに留学。1905年(明治38)東大に最初の宗教学講座が開設されてその主任教授となり、独創性に富む多産な研究活動のかたわら、多数の門下を育てて宗教学の種をまいた。1930年(昭和5)には日本宗教学会を設立して、終生その会長を務めた。外国では日本の人文学界を代表する学者として知られ、アメリカのハーバード大学の日本文明講座をはじめ、欧米諸大学で講義を担任し、国際連盟学芸協力委員会の日本委員などを歴任して、東西の文化交流に貢献した。国内一般ではむしろ明治の文人として知られ、帝大在学中の同級の親友高山樗牛(たかやまちょぎゅう)らと雑誌『帝国文学』を創刊したのをはじめ、文明評論の健筆を振るって当時の浪漫(ろうまん)主義思潮に大きな影響を与えた。多面多作な著述のうち代表作に『宗教学概論』(1900)、『根本仏教』(1910)、『法華経(ほけきょう)の行者日蓮(にちれん)』(1916)、『切支丹(キリシタン)宗門の迫害と潜伏』(1925)、『聖徳太子の大士(だいし)理想』(1944)、評論集『復活の曙光(しょこう)』(1904)、絶筆となり没後刊行された自伝『わが生涯』(1951)がある。[脇本平也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の姉崎正治の言及

【ショーペンハウアー】より

…彼の哲学は単なる人生論哲学にとどまるものではなく,意志を根源的存在と見るライプニッツ,カントの主意主義を受けつぎ,ニーチェの〈力への意志〉の哲学を準備するものとして,ドイツ形而上学の伝統に確固たる位置を占めるものである。なお,ショーペンハウアーの哲学は日本でも1892年に高山樗牛の《厭世論》によってはじめて一般に紹介され,1910‐12年姉崎正治による主著の翻訳《意志と現識としての世界》が出されて以来,大正から昭和にかけて,むしろ学生や一般の読書人によって,ニーチェとともに人生論哲学の書として熱心に読みつがれてきた。【木田 元】。…

【ドイッセン】より

…インド哲学をドイツに紹介した功績は大きく,また,《ショーペンハウアー全集》の編纂者でもある。なお,東大の宗教学教授で,初代図書館長でもあった姉崎正治はドイッセンの下に学んだ。 インド哲学の研究者としてのドイッセンは当然のことながらウパニシャッドを中心に研究した。…

※「姉崎正治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

姉崎正治の関連キーワードティーレ(Cornelis Petrus Tiele)コルネーリス・ペトリュス ティーレ平井金三郎(1)平井 金三郎岸本 能武太姉崎 正治岸本 英夫ファビアンヴィエイラ横井 時雄今岡信一良古野 清人7月25日鷹谷 俊之キリシタン矢吹 慶輝岸本能武太田中智学成瀬仁蔵横井時雄

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

姉崎正治の関連情報