コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫁荷 よめに

2件 の用語解説(嫁荷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嫁荷
よめに

嫁入り道具」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嫁荷
よめに

嫁入りの際に嫁が婚家方へ持参する財貨類をいう。日本に限らず、世界各地において、婚姻は単に結婚する男性または女性の移動を意味するだけでなく、多くの財貨の移動を伴う場合が多々ある。その代表的なものは、夫方から花嫁の実家側に支払われる婚資であり、日本では結納(ゆいのう)がこれにあたる。これに対し、嫁ぐ新婦の側から新郎の側へと譲渡される財貨もあり、たとえば中国では花嫁の嫁入り道具として衣類や家具類が婚礼に先だって男家側へ運ばれ、またそのほかに田地や金銭を持参金として持って行く場合もあった。
 日本でも、嫁入りに際して、嫁の衣類、調度類が人足に担がれ、行列をつくって婚家へ運び込まれる風習は、近世以後、明治、大正期に至るまで華やかに行われた。その際に歌われた長持歌などが、今日なお各地で歌い継がれている。嫁荷を婚家へ届ける人足は、すべて嫁の実家側が手配する場合と、途中まで実家側が運び、途中から婚家側が引き継ぐ場合がある。たとえば広島県府中(ふちゅう)市上下(じょうげ)町では、嫁荷は婚礼の1週間ほど前、婚家と実家の中間点まで嫁方の近親者が運び、ここで婿方の親族と落ち合って酒を酌み交わしたのち、荷物を引き渡した。また、地方によっては、結婚後も嫁の衣装類などを実家に残し、婚家の姑(しゅうとめ)が亡くなったり隠居したりして嫁が文字どおり一家の主婦となったのちに初めて全部移される場合もあった。たとえば島根県八束(やつか)郡島根町(現松江市)では、かつて、「嫁の道具は嫁の子が結婚するころに運ぶもの」といわれ、嫁が40~50歳になってから移された。
 嫁荷の元来の形は、嫁が婚入後の生活に必要な身の回り品と、安産祈願などの縁起物の品であったと考えられるが、行列を組んではでに運ばれるようになってからは、嫁の実家が内外にその威信を誇示する要素が強くなったものと考えられる。地方によっては、土地や生産用具など、より実質的な財産を持参する所もあり、たとえば伊豆大島の差木地(さしきじ)では、嫁に行く娘には山畑をすこしずつ分与し、その余裕がない人は牛を与えたという。[瀬川昌久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の嫁荷の言及

【持参金】より

…また従来の財産相続は,長男子相続が卓越し,諸子への分割相続がとられる場合も多くは男子のみで,女子に対して分与することはほとんどなかった。しかし,婚姻に際し嫁入道具をもつのが普通で,婿入婚においては,わずかな衣類や身回品という程度であることが多かったが,嫁入婚では,嫁の引移りが重要であったので,その際嫁の荷物送りが盛大に行われる傾向があり,嫁荷(嫁の荷物)の種類や量を競うことも行われた。しかし,地域によっては婚出してもなお嫁の荷物を長く生家にとどめおく風があり,全国的に見られる出産を生家ですることや,たびたびの里帰りによって衣料を調達したりするように,生家の負担はさまざまに継続し,嫁が生家のために働くという慣習とともに,婚出しても女性が長く生家に多くの権利や義務を保留していることを示している。…

※「嫁荷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone