コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫐打物 うわなりうちもの

1件 の用語解説(嫐打物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うわなりうちもの【嫐打物】

歌舞伎,人形浄瑠璃の演出の一系統。〈うわなり〉とは後妻,次妻の意,転じて嫉妬の意味に用いられた。離別された先妻が親類知人の女性を集めて後妻(うわなり)のところに乱入するという後妻打ちが江戸初期まで行われた。名称は同じだが,歌舞伎,人形浄瑠璃の〈嫐打物〉はこれを直接脚色したものではなく,主として怨霊による嫉妬の演出の系統をさす。歌舞伎では,江戸で1699年(元禄12)3月江戸中村座の《一心五界玉》に演ぜられたものが最初とされ,歌舞伎十八番の《嫐》の初演とされているが,これは市川団十郎家でこの系統の役を演じた最古の記録というにすぎない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

嫐打物の関連キーワード義太夫金平浄瑠璃隅田川物豊竹座丸本物(まるほんもの)佐倉義民伝浄瑠璃狂言絡繰り人形内海繁太郎おそめ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone