コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫐打物 うわなりうちもの

世界大百科事典 第2版の解説

うわなりうちもの【嫐打物】

歌舞伎,人形浄瑠璃の演出の一系統。〈うわなり〉とは後妻,次妻の意,転じて嫉妬の意味に用いられた。離別された先妻が親類知人の女性を集めて後妻(うわなり)のところに乱入するという後妻打ちが江戸初期まで行われた。名称は同じだが,歌舞伎,人形浄瑠璃の〈嫐打物〉はこれを直接脚色したものではなく,主として怨霊による嫉妬の演出の系統をさす。歌舞伎では,江戸で1699年(元禄12)3月江戸中村座の《一心五界玉》に演ぜられたものが最初とされ,歌舞伎十八番の《嫐》の初演とされているが,これは市川団十郎家でこの系統の役を演じた最古の記録というにすぎない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android