コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後妻打ち うわなりうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後妻打ち
うわなりうち

主として平安時代の末から戦国時代頃まで行われた習俗で,離縁になった前妻 (こなみ) が後妻 (うわなり) にいやがらせをする行動をいう。女性が別れた夫の寵愛をほしいままにしている新しい妻をねたむあまり,憤慨してその同志的な婦人らとともに後妻のところへ押寄せていくこと。一方,後妻のほうでも,その仲間の女性たちを集めて応戦した。武器としてはほうきやすりこぎなどの家庭用の道具が用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うわなり‐うち〔うはなり‐〕【後妻打ち】

本妻が後妻(うわなり)を嫉妬して打ちたたくこと。
「あらあさましや六条御息所(ろくでうのみやすどころ)ほどの御身にて、―の御振る舞ひ」〈謡・葵上
室町時代、離縁になった先妻が後妻をねたんで、親しい女たちと隊を組み、後妻の家に行って乱暴を働く風習。相当打ち。騒動打ち。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うわなりうち【後妻打ち】

前妻が親しい女たちをかたらって後妻を襲い,家財などを打ちこわしらんぼうをはたらくこと。うわなりとは,古語で前妻を意味する〈こなみ〉に対する後妻,次妻に相当し,また第二夫人,妾を指すことも多い。一般に刃物は用いず棒や竹刀で互いに打ち合うとされる。平安時代にもみられるが,室町時代に多く行われたとされ《昔々物語》《骨董集(こつとうしゆう)》などには,主に武士や町方における行為が記されている。一人の男性をめぐる複数女性間の対立,嫉妬に由来するわけであるが,これは夫の一時的訪婚をともなう婚姻形態(聟入婚)と関連すると考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うわなりうち【後妻打ち】

前妻が後妻をねたんで打つこと。 「あさましや、六条の御息所みやすどころほどのおん身にて、-の御ふるまひ/謡曲・葵上」
室町末頃から近世初期にかけての習俗。離縁された先妻が親しい女たちなどに頼んで、予告して後妻の家を襲い、家財などを荒らさせたこと。相当打ち。騒動打ち。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

後妻打ちの関連キーワード六条御息所嫐打物謡曲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android