コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫡嫡 チャクチャク

デジタル大辞泉の解説

ちゃく‐ちゃく【嫡嫡】

代々、一家の家督を受け継いでいること。また、その人や、そのような家柄。嫡流
「徳川の家には―の自分であると思うと」〈菊池寛忠直卿行状記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃくちゃく【嫡嫡】

嫡子から嫡子へと家を継ぐこと。正統の家系。嫡流。 「此頼政卿は、六孫王より以降、源氏-の正棟/平家 1
本物であること。正真正銘であること。ちゃきちゃき。 「一銭持たねど侍の-/浄瑠璃・薩摩歌」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

嫡嫡の関連キーワードちゃきちゃき浄瑠璃正統嫡子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android