嫡嫡(読み)チャクチャク

大辞林 第三版の解説

ちゃくちゃく【嫡嫡】

嫡子から嫡子へと家を継ぐこと。正統の家系。嫡流。 「此頼政卿は、六孫王より以降、源氏-の正棟/平家 1
本物であること。正真正銘であること。ちゃきちゃき。 「一銭持たねど侍の-/浄瑠璃・薩摩歌」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゃく‐ちゃく【嫡嫡】

〘名〙
① 血すじの正しい嫡子から子へと代々家督を伝えること。また、そのような家柄。そのような正系を受け継ぐ人。正統の血脈。嫡流。また、学問・芸能の諸道の正系を伝えること。てきてき。
※左経記‐寛仁三年(1019)一〇月一四日「是講是故良源僧正所知行也。門跡相伝嫡々行之」
※曾我物語(南北朝頃)六「つくづく案ずるやう、十郎と云ふも伊東のちゃくちゃくたり」
② 正真正銘であること。まちがいないさま。また、その人。ちゃきちゃき
浄瑠璃・薩摩歌(1711頃)夢分舟「一銭持たねど侍のちゃくちゃく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android