コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの身体化症状 こどものしんたいかしょうじょうSomatoform Disorders

家庭医学館の解説

こどものしんたいかしょうじょう【子どもの身体化症状 Somatoform Disorders】

[どんな病気か]
 子どもが葛藤(かっとう)や苦悩の表現として腹痛などの身体症状を訴える(身体化)ことがよくあります。たとえば、不登校(ふとうこう)の初期に、多くの子どもがこうした身体症状を訴えることはよく知られています。
 身体症状としては腹痛、頭痛がもっとも多く、そのほかには表「子どもによくみられる身体化症状」に示したような症状がみられます。その多くは小児科などで検査しても医学的な異常が認められないことが多いため、「精神的なもの」と簡単に片づけられたり「仮病(けびょう)」と否定的に捉(とら)えられがちです。
 また、からだの病気が治れば学校に行けるはずだと考えてからだの治療に専念しようとしても、背景にある葛藤が解決しなければ、子どもはますますその身体症状にしがみつく、といった悪循環に陥ることもよくあります。
 痛み止めなどの薬に頼るのも、こうした症状を「強化」してしまうことがあるので注意が必要です。
[治療]
 精神的なものだなと思っても、たとえばおなかが痛いこと自体は認めてあげるほうが、子どもが身体症状を「手放す」近道になります。そうしながら、子どもの心のなかで、あるいは家庭や学校で何がおこっているのかを考えていきましょう。
 なお、気管支(きかんし)ぜんそくやアトピー性皮膚炎(せいひふえん)、円形脱毛症(えんけいだつもうしょう)など心理的要因が影響するからだの病気は心身症(しんしんしょう)(「心身症」)と呼ばれています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android