コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの野球肘 こどものやきゅうひじ Baseball Elbow

1件 の用語解説(子どもの野球肘の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こどものやきゅうひじ【子どもの野球肘 Baseball Elbow】

[どんな病気か]
 野球で投球をするときは、筋肉がついている肘の関節部分に、強い牽引力(けんいんりょく)がはたらきます。ボールを投げすぎると、筋肉が付着している部分に炎症がおこったり、関節軟骨に障害がおこり、肘に痛みが現われます。つまり、野球肘は、1回のけがではなくて、過度の練習の結果おこる障害です。
 伸び盛りの子どものからだは、骨格と、これを支える組織が未発達で、過度の練習には弱く、同じ動作をくり返すスポーツ活動は、障害をおこしやすいものです。
 野球肘は、身長の伸びが年間7cm以上の子どもに多くみられ、伸びが4cm以下の子どもには少ないことがわかっています。また、投球数の多い投手では、その38%が野球肘になりますが、内野手では13%、外野手は8%とあまり多くありません。
[症状]
 肘を動かしたり、内側や外側を押すと、痛みがあります。肘が腫(は)れたり、完全に伸ばしたりできなくなります。
 X線検査をすると、肘の関節軟骨(上腕骨小頭や内側上顆(じょうか)など)が破壊されかかっていたり、はがれた骨片が、関節の中に入り込んでいたり(関節鼠(ねずみ)(「関節遊離体(関節鼠)」))しているのがわかります。
[治療]
 初めは、肘の安静が基本で、痛みのある間は投球をやめさせます。早いうちなら、大部分は適切な治療で治ります。
 炎症が強いときは、消炎鎮痛薬を含む軟膏(なんこう)や湿布が用いられます。
 関節鼠になると、手術が必要になります。
 野球肘をおこさないためには、投球数を1日1試合50球以内、1週間に300球以下におさえるように指導します。
 また、いったん野球肘がおこったときは、将来野球を続けるためにはいま治療をしておく必要があることを、本人や家族、指導者にもよく理解してもらわねばなりません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

子どもの野球肘の関連キーワード好投コーナーワーク選球打者投球何心地暴投ボーク捕球捕手

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone