コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮頸管炎 しきゅうけいかんえん Endocervicitis

1件 の用語解説(子宮頸管炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しきゅうけいかんえん【子宮頸管炎 Endocervicitis】

[どんな病気か]
 子宮の入り口にあたる子宮頸管部(図「子宮・卵管・卵巣」)に細菌などの感染がおこった状態を、子宮頸管炎といいます。
 子宮頸管炎になると、腟(ちつ)から白色または黄色の膿(うみ)のような分泌物(ぶんぴつぶつ)(おりもの)が出てきます。痛みやかゆみなどの明らかな症状をともなうことは少ないですが、慢性化すると、まれに炎症の進行によって深部の筋層、結合織におよび、子宮傍結合織炎(しきゅうぼうけつごうしきえん)となり、腰の痛み(仙痛(せんつう))、下腹部痛が現われます。
 また、症状が少ないために放置すると、子宮内膜炎(しきゅうないまくえん)(「子宮内膜炎」)、子宮付属器炎(しきゅうふぞくきえん)(「子宮付属器炎(卵管炎/卵巣炎)」)、骨盤腹膜炎(こつばんふくまくえん)(「骨盤腹膜炎」)と、しだいに腹腔内(ふくくうない)に波及し、持続的な下腹部痛が現われてきます。不妊症の原因となることもあります。
[原因]
 性交、人工妊娠中絶や分娩(ぶんべん)時の子宮頸部損傷などによる細菌感染が原因と考えられています。以前は炎症をおこす菌として淋菌(りんきん)が多かったのですが、最近はレンサ球菌大腸菌(だいちょうきん)、クラミジアが主となっています。
[治療]
 検査としては、分泌物を取りだし、細菌培養や薬剤感受性検査を行ないます。とくに淋菌培養検査、クラミジア抗原検査は重要です。
 治療は、感受性のある抗生物質抗炎症薬を内服したり腟内に直接入れたりします。淋菌に対してはペニシリン系、テトラサイクリン系の抗生物質、クラミジアに対してはテトラサイクリン系、マクロライド系抗生物質、ニューキノロン製剤が有効です。
 慢性子宮頸管炎には薬剤が効きにくいので、炎症をおこしている部分を電気で焼く高周波療法凍結療法、手術による切除を行なう場合もあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

子宮頸管炎の関連キーワード進行流産岩戸玄関半蔵門寒の入り閭門耳珠島島子宮頚部ターンスタイル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone