子等/児等(読み)コラ

デジタル大辞泉の解説

こ‐ら【子等/等】

子供たち。
上代、人を親しんでよぶ語。多く単数の女性に対して用いるが、複数のことも、男性の場合もある。
「みつみつし久米の―が粟生(あはふ)には」〈・中・歌謡〉

こ‐ろ【子等】

《「ろ」は接尾語上代東国方言》「こら(子等)」に同じ。
「小菅ろの末(うら)吹く風のあどすすかかなしけ―を思ひすごさむ」〈・三五六四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐ろ【子等】

〘名〙 (「ろ」は接尾語。上代東国方言) =こら(子等)
※万葉(8C後)一四・三五二二「昨夜(きそ)こそば児呂(こロ)とさ寝しか雲の上ゆ鳴き行く鶴(たづ)のま遠く思ほゆ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android