コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存牛 ぞんぎゅう

1件 の用語解説(存牛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

存牛 ぞんぎゅう

1469-1550* 室町-戦国時代の僧。
応仁(おうにん)3年4月5日生まれ。徳川親忠(ちかただ)の子。浄土宗。郷里三河(愛知県)に信光明寺をひらいた存冏(ぞんけい)について出家,のち了暁にまなぶ。信光明寺3世をへて,永正18年知恩院25世となる。応仁・文明の乱であれた知恩院を復興し,後柏原(ごかしわばら)天皇より浄土宗総本寺の公称をゆるされた。天文(てんぶん)18年12月20日死去。81歳。号は尊蓮社超誉。諡号(しごう)は高顕真宗国師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

存牛の関連キーワード能阿弥快元清原宣賢ベレンの塔文明島津氏(しまづうじ)平戸(市)硫黄島の戦い諫早湾干拓事業戦術核と戦略核

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

存牛の関連情報