コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

存牛 ぞんぎゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

存牛 ぞんぎゅう

1469-1550* 室町-戦国時代の僧。
応仁(おうにん)3年4月5日生まれ。徳川親忠(ちかただ)の子。浄土宗。郷里三河(愛知県)に信光明寺をひらいた存冏(ぞんけい)について出家,のち了暁にまなぶ。信光明寺3世をへて,永正18年知恩院25世となる。応仁・文明の乱であれた知恩院を復興し,後柏原(ごかしわばら)天皇より浄土宗総本寺の公称をゆるされた。天文(てんぶん)18年12月20日死去。81歳。号は尊蓮社超誉。諡号(しごう)は高顕真宗国師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

存牛 (ぞんぎゅう)

生年月日:1469年4月5日
戦国時代の僧
1549年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

存牛の関連キーワードロングライフミルク生年月日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android