コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孝堂山石祠 こうどうざんせきし

百科事典マイペディアの解説

孝堂山石祠【こうどうざんせきし】

中国,山東省肥城県孝里舗にある祠堂。石灰岩製の切妻造で,2間の間口の中央に大きな八角石柱が立ち,漢代の木造建築を模している。壁面,梁(はり)に人物,馬車,戦闘などの画像があり,永建4年(129年)の銘から後漢中期以前の建造と推定される。
→関連項目画像石

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうどうざんせきし【孝堂山石祠 Xiào táng shān shí cí】

中国,山東省長清県孝里鋪の孝堂山中腹にある。石祠後方の墳墓を孝子郭巨(二十四孝)の墓と伝え,孝堂山の名はそれにちなむ。祠堂は厚さ20cmの板石を東・西壁,後壁のコの字に組み合わせて構築され,前面中央に八角柱,東西両端に袖壁を設け,上方は瓦ぶきを造り出した石屋根で覆う。内法は東西約3.8m,南北約2m,漢代祠堂建築のうち現存する唯一のものである。祠堂内面は画像を線刻で表すが,刻線の幅に太細をつけ,画像を鮮明にする工夫がされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android