コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孝堂山石祠 こうどうざんせきし

2件 の用語解説(孝堂山石祠の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

孝堂山石祠【こうどうざんせきし】

中国,山東省肥城県孝里舗にある祠堂。石灰岩製の切妻造で,2間の間口の中央に大きな八角石柱が立ち,漢代の木造建築を模している。壁面,梁(はり)に人物,馬車,戦闘などの画像があり,永建4年(129年)の銘から後漢中期以前の建造と推定される。
→関連項目画像石

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうどうざんせきし【孝堂山石祠 Xiào táng shān shí cí】

中国,山東省長清県孝里鋪の孝堂山中腹にある。石祠後方の墳墓を孝子郭巨(二十四孝)の墓と伝え,孝堂山の名はそれにちなむ。祠堂は厚さ20cmの板石を東・西壁,後壁のコの字に組み合わせて構築され,前面中央に八角柱,東西両端に袖壁を設け,上方は瓦ぶきを造り出した石屋根で覆う。内法は東西約3.8m,南北約2m,漢代祠堂建築のうち現存する唯一のものである。祠堂内面は画像を線刻で表すが,刻線の幅に太細をつけ,画像を鮮明にする工夫がされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

孝堂山石祠の関連キーワード響堂山石窟山東省山東山東菜山東半島芝罘竹渓臨淄山東還付問題

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone