コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学習雑誌 ガクシュウザッシ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

学習雑誌
がくしゅうざっし

学習指導要領に準じて編集された学年別児童用教育雑誌。中学生・高校生向けの受験雑誌や、語学の学習誌、通信教育用のワークブックなどとは区別する。小学館の創業者、相賀(おおが)武夫(祥宏)の創案により「面白クテ、勉強ノタメニナル」を編集方針として、1922年(大正11)に『小学五年生』『小学六年生』を最初に創刊。続けて『小学四年生』『せうがく(しょうがく)三年生』『セウガク二年生』『セウガク一年生』を創刊して系統化した。また、40年(昭和15)小学生日本社から『小学生日本五年』『小学生日本六年』(のち合併して『小学生日本』)、日本出版社から『国民学校一年』『国民学校二年』(のち合併して『日本幼年』)が発行された。第二次世界大戦後は学習研究社が直販形式で『1年の学習』~『6年の学習』、『1年の科学』~『6年の科学』を発行。講談社も56年(昭和31)『たのしい1年生』~『たのしい6年生』を発刊したが、63年休刊。
 学習雑誌は、教科書と娯楽の中間を補填(ほてん)する副読本的役割を担ってきたが、学習指導要領のたびたびの改訂、受験・学校教育環境の変化が起こり、学校内での雑誌の販売が困難となり、学習研究社は学校市場からの撤退を余儀なくされた。同社の中学生向け雑誌は1999年(平成11)の3月号で休刊、小学生向けの『学習』『科学』も1~6年の12点合計が最盛期の600万部以上から、2000年には約10分の1にまで部数を減少させたとみられている。[小林一博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

学習雑誌の関連キーワードゲームセンターあらし学研ホールディングス学習研究社(株)研究社(株)小学館[株]小学館(株)東海林さだお秋山 正美浜野 栄次ドラえもん赤尾 好夫学習研究社小学8年生児童雑誌怪物くん相賀武夫古岡秀人相賀徹夫

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学習雑誌の関連情報