コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生す オオス

デジタル大辞泉の解説

おお・す〔おほす〕【生す】

[動サ四]
草木などを育てる。
「誰が秋にあひて荒れたる宿ならむ我だに庭の草は―・さじ」〈平中・三六〉
つめ・髪などを、伸ばす。生やす。
「御髪ながく―・して」〈夜の寝覚・五〉
子供を養い育てる。養育する。
「あやしのきぬの中より―・しまゐらせて」〈讃岐典侍日記・上〉

な・す【生す】

[動サ五(四)]産む。出産する。「子まで―・した

む・す【生す/産す】

[動サ五(四)]生(は)える。生じる。「苔の―・した墓石

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおす【生す】

( 動四 )
草木などを育てる。 「なでしこをやどに蒔き-・し/万葉集 4113
髪などをはやす。 「この春より-・す御髪ぐし/源氏 薄雲
子供を養い育てる。 「侍従・大夫などのこと、はぐくみ-・すべきよしも細かに書きつけて/十六夜」

おやす【生す】

( 動四 )
はやす。生いしげらせる。 「髪の長さ百丈ばかりに-・して/御伽草子・富士人穴」
陰茎を勃起ぼつきさせる。 「馬めが、彼の物を-・してをりけるを/咄本・昨日は今日」

なす【生す】

( 動五[四] )
〔「なす(成・為)」と同源〕
子を産む。 「子まで-・した仲」 「 - ・さぬ仲」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

生すの関連キーワードマルチ音源 [multi timbre sound module]ノイズリダクションシステムローカルダウンバースト汚点病(トウモロコシ)チョーキーフレーバー五鞭毛トリコモナスペーパーマージンバルフールス法則カッティングス不良品発生率ロドトルラ属東洋毛様線虫多発性硬化症子宮内膜がんガスマントル温帯低気圧低気圧家族針広混交林為替差損益ドルン効果

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生すの関連情報