コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸平野 あきへいや

2件 の用語解説(安芸平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安芸平野
あきへいや

高知県東部,安芸,伊尾木両川の形成した扇状地性の小平野。海岸部には砂浜と海岸段丘が発達し,内陸の河岸段丘へと続く。温暖で,米の二期作,野菜の促成栽培の先進地で,現在も施設園芸の中心地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安芸平野
あきへいや

高知県東部、安芸市の安芸川、伊尾木(いおき)川下流部に形成された低地。南は土佐湾に向かって三角状に開き、北は山地で遮られ、冬温暖である。大部分は両河川の乱流による扇状地性低地で傾斜もあり、乾田が多く、大正~昭和初期には水稲二期作が盛んであったが、現在は衰退。第二次世界大戦前から促成栽培やタバコ栽培が行われ、とくにナスを主にした高知県施設園芸の一中心地。山麓(さんろく)の内原野(うちはらの)などの段丘部でも溜池灌漑(ためいけかんがい)が発達し、海岸部の段丘面とともに施設園芸が盛んである。海岸砂丘地およびその背後の低湿地は市街地に利用されている。扇状地性低地面には条里地割り遺構を残し、島状の小丘は戦国時代に築城をみ、近世も土居(どい)として、小武家屋敷地区を形成、安芸郡の政治の中心地であった。[大脇保彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安芸平野の関連キーワード安芸安芸[市]高知県安芸市高知県安芸市伊尾木高知県安芸郡芸西村高知県安芸市島高知県安芸郡田野町高知県安芸市土居高知県安芸市西浜高知県安芸市矢ノ丸

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone