コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸平野 あきへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安芸平野
あきへいや

高知県東部,安芸,伊尾木両川の形成した扇状地性の小平野。海岸部には砂浜と海岸段丘が発達し,内陸の河岸段丘へと続く。温暖で,米の二期作,野菜の促成栽培の先進地で,現在も施設園芸の中心地。条里制の遺構も顕著で,中世は豪族安芸氏が勢力をふるった。海岸の砂堆上に安芸市の中心市街地がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安芸平野
あきへいや

高知県東部、安芸市の安芸川、伊尾木(いおき)川下流部に形成された低地。南は土佐湾に向かって三角状に開き、北は山地で遮られ、冬温暖である。大部分は両河川の乱流による扇状地性低地で傾斜もあり、乾田が多く、大正~昭和初期には水稲二期作が盛んであったが、現在は衰退。第二次世界大戦前から促成栽培やタバコ栽培が行われ、とくにナスを主にした高知県施設園芸の一中心地。山麓(さんろく)の内原野(うちはらの)などの段丘部でも溜池灌漑(ためいけかんがい)が発達し、海岸部の段丘面とともに施設園芸が盛んである。海岸砂丘地およびその背後の低湿地は市街地に利用されている。扇状地性低地面には条里地割り遺構を残し、島状の小丘は戦国時代に築城をみ、近世も土居(どい)として、小武家屋敷地区を形成、安芸郡の政治の中心地であった。[大脇保彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

安芸平野の関連キーワード安芸(市)高知(県)安芸[市]安芸城芸西村

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android