安藤 正純(読み)アンドウ マサズミ

20世紀日本人名事典の解説

安藤 正純
アンドウ マサズミ

大正・昭和期の政治家,僧侶 文相;国務相;衆院議員(日本民主党);日本宗教連盟理事長。



生年
明治9年9月25日(1876年)

没年
昭和30(1955)年10月14日

出生地
東京・浅草(現・東京都台東区)

別名
号=鉄腸

学歴〔年〕
東洋大学哲学科〔明治28年〕卒,早稲田大学政治科〔明治32年〕卒

経歴
東京朝日新聞編集局長から政界に転じ、浅草区議、区議長を経て、大正9年衆院議員となり、政友会に所属。犬養毅内閣で文部政務次官、政友会幹事長、久原派総務。昭和17年の翼賛選挙では非推薦で当選。戦後、公職追放。解除後の27年衆院選に当選、自由党内に民主化同盟を結成。28年第5次吉田茂内閣の国務相、29年第1次鳩山一郎内閣の文相。当選11回。母校東洋大の講師も務め、壮年まで僧籍に在って宗教行政にも努力、戦後日本宗教連盟理事長に就任した。著書に「政界を歩みつつ」「政治と宗教の関係」「数論の哲学」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

安藤 正純
アンドウ マサズミ


肩書
文相,国務相,衆院議員(日本民主党),日本宗教連盟理事長

別名
号=鉄腸

生年月日
明治9年9月25日

出生地
東京・浅草(現・東京都台東区)

学歴
東洋大学哲学科〔明治28年〕卒 早稲田大学政治科〔明治32年〕卒

経歴
東京朝日新聞編集局長から政界に転じ、浅草区議、区議長を経て、大正9年衆院議員となり、政友会に所属。犬養毅内閣で文部政務次官、政友会幹事長、久原派総務。昭和17年の翼賛選挙では非推薦で当選。戦後、公職追放。解除後の27年衆院選に当選、自由党内に民主化同盟を結成。28年第5次吉田茂内閣の国務相、29年第1次鳩山一郎内閣の文相。当選11回。母校東洋大の講師も務め、壮年まで僧籍に在って宗教行政にも努力、戦後日本宗教連盟理事長に就任した。著書に「政界を歩みつつ」「政治と宗教の関係」「数論の哲学」など。

没年月日
昭和30年10月14日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

安藤 正純 (あんどう まさずみ)

生年月日:1876年9月25日
大正時代;昭和時代の政治家;僧侶。文部大臣;国務大臣
1955年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android