コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬養毅内閣 いぬかいつよしないかく

百科事典マイペディアの解説

犬養毅内閣【いぬかいつよしないかく】

1931年12月13日―1932年5月16日。第2次若槻内閣を継いだ政友会内閣。高橋是清蔵相により前内閣のデフレ政策を撤回,金輸出を再禁止して金本位制度を離脱。
→関連項目金解禁政党内閣森恪

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

犬養毅内閣
いぬかいつよしないかく

(1931.12.13~1932.5.26 昭和6~7)
第二次世界大戦前期最後の政党内閣となった、犬養毅を首班とした政友会内閣。浜口雄幸(はまぐちおさち)、第二次若槻礼次郎(わかつきれいじろう)内閣と2代続いた民政党内閣が、民政党内の協力内閣運動で瓦解(がかい)した後を受けて成立した。少数与党で出発したが、1932年(昭和7)1月の衆議院解散、総選挙で圧勝し絶対多数を獲得した。浜口内閣における緊縮財政政策と幣原(しではら)外交を大きく転換させていった。蔵相高橋是清(たかはしこれきよ)は内閣成立後ただちに金輸出再禁止を断行、金本位制を離脱し管理通貨制へ移行させ、さらに財政・金融政策の基調をインフレ政策に転換した。積極的に財政を膨張させて、膨大な公債発行を財源に巨額の軍事費を支出した。このため1932年度から軍事費は急増していった。陸相には「革新派」として知られていた荒木貞夫(あらきさだお)を起用し、荒木陸相の下で陸軍では皇道派の勢力が拡大した。この間軍部による中国侵略はさらに進み、1932年1月には上海(シャンハイ)にまで戦火を広げ、関東軍は着々と「満州国」建設を進め、同年3月1日「満州国」の成立を宣言するに至った。政府の外交政策は軍部と森恪(もりかく)書記官長によってリードされ、上海事変の拡大、「満州国」建設の承認など、次々に軍部の独走を追認していった。同年の五・一五事件で犬養首相が暗殺され、内閣は崩壊し、斎藤実(さいとうまこと)内閣にかわった。このように犬養内閣は経済的にも政治的にも行き詰まりをみせていた民政党内閣の政策を大きく転換させたが、結果として軍部の政治的発言権を強化することになり政党内閣の終焉(しゅうえん)をもたらした。[芳井研一]
『御厨貴監修『歴代総理大臣伝記叢書20』(2006・ゆまに書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

犬養毅内閣の関連キーワード中橋 徳五郎山本 悌二郎加藤 鐐五郎堀切 善兵衛大野 緑一郎川村 竹治血盟団事件ドル買事件鈴木喜三郎中島知久平安藤 正純三土 忠造荒木 貞夫堀田 正恒砂田 重政山本悌二郎江口 定条鳩山一郎東郷 実満州事変

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android