コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤伊右衛門 あんどういえもん

3件 の用語解説(安藤伊右衛門の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安藤伊右衛門
あんどういえもん

[生]宝暦1(1751).因幡,郡家
[没]文政10(1827).3.17. 郡家
江戸時代後期の水利功労者。因幡国八上郡代々の大庄屋。文政3 (1820) 年私財を投じて八東川の水を引き,土師 (はじ) 郷の灌漑,新田開発に尽力。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤伊右衛門 あんどう-いえもん

1751-1827 江戸時代後期の治水家。
寛延4年3月17日生まれ。因幡(いなば)(鳥取県)八上郡郡家(こおげ)村の豪農。旱魃(かんばつ)にくるしむ郡内の14ヵ村に,私財を投じて文政6年約11kmの灌漑(かんがい)用水路を完成させ,八東(はっとう)川から水をひいた。これにより約27haの新田がひらかれた。文政10年3月17日死去。77歳。名は正知。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安藤伊右衛門

没年:文政10.3.17(1827.4.12)
生年:宝暦1.3.17(1751.4.12)
江戸後期の水利,新田開発の功労者。因幡国(鳥取県)八上郡郡家村の富農の家に生まれる。名は正知。郡家村をはじめ近村土師郷14カ村は灌漑水に乏しく,度々旱害に苦しんでいたので,自ら測量して遠く離れた八東川より水を引く計画を立て,鳥取藩に願い出て許可を得,文政3(1820)年から私財を投じて工事に着手,足かけ4年かかって用水路(安藤井手)を開削した。全長約11km,途中にトンネル工事約460m,人夫延べ25万7483人,総工費7万2229両,これにより開かれた新田は27ha余,水利の便を得た古田は275ha余に達した。<参考文献>八頭郡郷土文化研究会編『八頭郡誌』

(松尾寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

安藤伊右衛門の関連キーワード宝暦一条兼香大島蓼太田中藤六上杉治憲瀬川菊之丞天降言児童雑誌田沼時代藩学一覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安藤伊右衛門の関連情報