コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤伊右衛門 あんどういえもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安藤伊右衛門
あんどういえもん

[生]宝暦1(1751).因幡,郡家
[没]文政10(1827).3.17. 郡家
江戸時代後期の水利功労者。因幡国八上郡代々の大庄屋。文政3 (1820) 年私財を投じて八東川の水を引き,土師 (はじ) 郷の灌漑新田開発に尽力。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤伊右衛門 あんどう-いえもん

1751-1827 江戸時代後期の治水家。
寛延4年3月17日生まれ。因幡(いなば)(鳥取県)八上郡郡家(こおげ)村の豪農旱魃(かんばつ)にくるしむ郡内の14ヵ村に,私財を投じて文政6年約11kmの灌漑(かんがい)用水路を完成させ,八東(はっとう)川から水をひいた。これにより約27haの新田がひらかれた。文政10年3月17日死去。77歳。名は正知。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安藤伊右衛門

没年:文政10.3.17(1827.4.12)
生年:宝暦1.3.17(1751.4.12)
江戸後期の水利,新田開発の功労者。因幡国(鳥取県)八上郡郡家村の富農の家に生まれる。名は正知。郡家村をはじめ近村土師郷14カ村は灌漑水に乏しく,度々旱害に苦しんでいたので,自ら測量して遠く離れた八東川より水を引く計画を立て,鳥取藩に願い出て許可を得,文政3(1820)年から私財を投じて工事に着手,足かけ4年かかって用水路(安藤井手)を開削した。全長約11km,途中にトンネル工事約460m,人夫延べ25万7483人,総工費7万2229両,これにより開かれた新田は27ha余,水利の便を得た古田は275ha余に達した。<参考文献>八頭郡郷土文化研究会編『八頭郡誌』

(松尾寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

安藤伊右衛門 (あんどういえもん)

生年月日:1751年3月17日
江戸時代後期の水利;新田開発の功労者
1827年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

安藤伊右衛門の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安藤伊右衛門の関連情報