郡内(読み)ぐんない

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郡内
ぐんない

山梨県東部の桂川流域をさす地方名。御坂山地および秩父山地大菩薩連嶺で,甲府盆地を中心とする国中とへだてられる。秩父山地,丹沢山地,富士山の北斜面で占められ,わずかに富士山北東麓と桂川の河岸段丘上に平坦地が開ける。甲斐絹 (かいき) の産地として知られる。富士吉田市,都留市,大月市が中心都市。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

郡内【ぐんない】

山梨県東部,富士吉田・都留(つる)・大月3市と南都留・北都留2郡の地域。大部分は山地で,桂川の河岸段丘上に集落が集中する。耕地に乏しく古くから養蚕を主業とし,家内工業による製糸,絹織物(甲斐絹(かいき))生産が発達した。現在は人絹織物工業も行われ,八端(はったん),服裏地,洋傘地を多産。
→関連項目桂川(山梨)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

郡内

山梨県、郡内地方の伝統的な紬の織物「郡内海貴(甲斐絹)」の略称。郡内織とも。布団生地に多く用いられたことから、この生地を用いた布団そのものを指すこともある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぐんない【郡内】

◇ 山梨県東部、桂川流域一帯の南都留つる・北都留郡の称。国中くんなかとともに甲斐を二分する古称の一。甲斐絹かいきの産地。
「郡内織」「郡内縞じま」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕郡内(ぐんない)


山梨県東部の地域名。大菩薩(だいぼさつ)峠・笹子(ささご)峠・御坂(みさか)山地以東の山間部をさす。富士吉田(ふじよしだ)市・都留(つる)市・大月(おおつき)市と北(きた)都留郡・南(みなみ)都留郡にあたる。甲府(こうふ)盆地を中心にした国中(くんなか)に対する。甲府盆地とは地形・気候を異にし、方言や民俗は関東地方に近い。甲斐絹(かいき)を産する郡内機業と富士山・富士五湖観光で知られる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郡内
ぐんない

山梨県東半部の地方名。相模(さがみ)川の上流桂川(かつらがわ)流域の地域と、富士北麓(ほくろく)および多摩川最上流部丹波山(たばやま)、小菅(こすげ)村などを含み、現在の北・南都留(つる)郡の2郡と富士吉田、都留、大月の3市の地域をさす。郡内の語源は戦国時代の都留郡領主小山田氏(おやまだうじ)が自郡の意味に郡内と書いたのがそのおこりといわれ、のちに甲州が9筋2領に分けられたとき、郡内領と正式によばれるようになった。山がちで耕地に乏しく、高冷地が多かったので養蚕や郡内織(甲斐絹(かいき))が各農家で行われていたが、とくに17世紀のころ領主秋元氏の奨励によって機業地として全国有数の産地となり、郡内機業の名で知られるようになった。18世紀になるとこの地方も天領に編入され、明治まで谷村(やむら)(都留市)に石和(いさわ)代官所の出張陣屋が置かれ、統治された。[横田忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐん‐ない【郡内】

[1] 〘名〙
① 郡の区域内。領内
※吾妻鏡‐文治元年(1185)八月二一日「而政義以当国南部惣地頭職、称在郡内、押領件郷
※歌謡・松の葉(1703)二・花見「紺に欝金(うこん)に浅黄に鹿の子、地紅や地むらさき、けんたいぐんない鳶八丈」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郡内の関連情報