コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官営鉱山 かんえいこうざん

2件 の用語解説(官営鉱山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官営鉱山
かんえいこうざん

明治政府は鉱業振興政策として明治初年から鉱山の官行を断行し,明治1 (1868) 年 12月に,まず生野鉱山,次いで佐渡金山を官行山とし,同5年の「鉱山心得書」,翌年の日本坑法の公布により,日本国中の鉱物はすべて日本政府の所有であることを宣言し,同時に三池,高島などの炭鉱その他の主要鉱山を官有とし,外人技術者の指導のもとに鉱山の近代化をはかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

官営鉱山【かんえいこうざん】

明治政府は1872年鉱山心得,翌年日本坑法を公布し,従来幕府諸藩の手にあった生野(いくの)・院内・小坂の銀山,佐渡金山釜石鉄山三池炭鉱など全国67鉱山を官営に移した。
→関連項目官営工業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

官営鉱山の関連キーワード明如上人区長酒屋会議修史局大教宣布徴士内国勧業博覧会秩禄奉還谷村正養大阪造幣寮

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone