コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官営鉱山 かんえいこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官営鉱山
かんえいこうざん

明治政府は鉱業振興政策として明治初年から鉱山の官行を断行し,明治1 (1868) 年 12月に,まず生野鉱山,次いで佐渡金山を官行山とし,同5年の「鉱山心得書」,翌年の日本坑法公布により,日本国中の鉱物はすべて日本政府の所有であることを宣言し,同時に三池高島などの炭鉱その他の主要鉱山を官有とし,外人技術者の指導のもとに鉱山の近代化をはかった。これらの官営鉱山は,技術水準および経営状態により 1874~89年の間に民営へ移管された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

官営鉱山【かんえいこうざん】

明治政府は1872年鉱山心得,翌年日本坑法を公布し,従来幕府諸藩の手にあった生野(いくの)・院内・小坂の銀山,佐渡金山釜石鉄山三池炭鉱など全国67鉱山を官営に移した。
→関連項目官営工業

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

官営鉱山の関連キーワード官営事業民間払下げ官業払下げ古河市兵衛石炭産業生野銀山朝来

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官営鉱山の関連情報