コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院内 いんない

5件 の用語解説(院内の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

院内
いんない

大分県北部,宇佐市南西部の旧町域。駅館川支流の恵良川流域にある。 1955年院内村,南院内村,東院内村,高並村,両川村の5村が合体,1960年町制。 2005年宇佐市,安心院町と合体し,宇佐市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

院内
いんない

秋田県南西端,にかほ市北東部の旧村域。仁賀保高原に位置する。 1889年村制施行。 1955年平沢町,小出村と合体して仁賀保町となり,2005年金浦町,象潟町と合体してにかほ市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いん‐ない〔ヰン‐〕【院内】

病院・寺院など、院とつく名の建物・組織の内部。特に、衆議院参議院の内部。⇔院外

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いんない【院内】

衆議院・参議院の内部。 「 -交渉団体」
院と名のつく施設・機関の内部。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

院内
いんない

大分県北部、宇佐(うさ)郡にあった旧町名(院内町(まち))。現在は宇佐市の南部西寄りにあたる地域。旧院内町は1960年(昭和35)町制施行。2005年(平成17)宇佐市に合併。国道387号、500号が走り、宇佐別府道路の院内インターチェンジがある。宇佐市中心部からバスが通じる。駅館(やっかん)川が耶馬渓(やばけい)溶岩台地を侵食する所で、段丘面と上流谷壁の水田作が主産業。スギ、タケ、シイタケの林産もある。大門(だいもん)の龍岩寺奥院礼堂(りゅうがんじおくのいんらいどう)は、平安様式の懸造(かけづくり)で、藤原時代の3体の木造仏像(阿弥陀(あみだ)如来、薬師如来、不動明王)とともに国指定重要文化財。駅館川上流、余(あまり)川には特別天然記念物のオオサンショウウオが生息する。西椎屋(にししいや)の渓谷、岳切(たっきり)渓谷、大谷渓谷は深耶馬渓式風景である。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

院内の関連キーワードサンガバドラ浴場主・修・取・守・手・朱・株・殊・狩・珠・種・繻・腫・衆・趣・酒・須・首そとチェリー二院膂力同名衆

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

院内の関連情報