コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官紀(読み)かんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官紀
かんき

公務員が職務を遂行するにあたり遵守すべき服務規律をいう。公行政は公権力に基づいて行われるために,それを担当する公務員に対して,一般人とは異なった厳格な服務規律に従うことが要請される。第2次世界大戦前の日本では 1887年に布告された官吏服務紀律が有名で,「天皇陛下ノ政府ニ対シ忠順勤勉ヲ主トス」べきことが規定されていた。現在は国家公務員法 96条および地方公務員法 30条に,公務員としての服務の根本基準が定められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐き〔クワン‐〕【官紀/官規】

官吏が職務上守るべき規律。「―を粛正する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんき【官紀】

官吏の守るべき規律。 「 -紊乱びんらん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android