コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実地天文学 じっちてんもんがくpractical astronomy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実地天文学
じっちてんもんがく
practical astronomy

天体の位置観測を行う天文学の分野。その範囲は,子午儀子午環天頂儀経緯儀赤道儀,天文用時計などの天文用機器の理論と設計,製作,使用法の実際から,天体緯度経度,その他の観測の実際と観測結果の整理法や必要な数値の算出法,大気差その他の誤差の修正などの一切を含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じっち‐てんもんがく【実地天文学】

天体の位置観測および天体観測機器に関する理論や技術、観測値の計算法などを研究する天文学の一分科。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっちてんもんがく【実地天文学】

天文学の一分科。天体の位置を観測して、時刻測定・位置測定・測量などをする学問。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

実地天文学の関連キーワードバーナード(Edward Emerson Barnard)チャンドラー(Seth Carlo Chandler)S.W. バーナムアルゲランダールイ ファブリバーナード位置天文学位置測定ベッセル測量学問

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android