コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大気差 たいきさatmospheric refraction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大気差
たいきさ
atmospheric refraction

天体観測において,直接観測される天体の位置は地球大気屈折によって真の位置よりもわずかに高度が高くなっている。この差の角度を大気差という。大気差は天頂において0,高度が低くなるほど大きくなり,地平線において最大の約 34.4′に達する。また,気温と気圧により影響されるが,高度 15°以上の範囲では次の経験公式によって数秒まで正確に表わされる。すなわち,気温 t ℃,気圧 p cm水銀柱とすれば,高度角 h における大気差 (秒) は {215p/(273+t)} cot h となる。他の気象条件によっても影響されるが,その量はきわめて小さい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たいき‐さ【大気差】

地表で見る天体の見かけの方向と、その真の方向との差。光が大気中で屈折するために生じる。天体大気差。気差。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大気差【たいきさ】

気差とも。地球の大気が上空ほど希薄なため,天体からくる光線は大気内で地面に近づく方向に連続的に屈折する。このため天体の見かけの高度(観測者に入射した光線を逆向きに延長した方向)は真の高度より高くなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たいきさ【大気差 astronomical refraction】

天文屈折ともいう。地球をとりまく大気のため天体からの光が屈折し,真の位置と見かけの位置がずれて見える現象をいう。天頂にある天体は地球の大気に対して垂直に光がくるのでその差はないが,天体が地平線に近づくにつれて,その光が大気を通る間が長くなるため屈折が大きくなり天体が浮き上がって見える(図)。その量は大気の密度や光の波長によって少し変化するが,天頂距離zとするとtanzにほぼ比例する。地平線上では34′になり,大気差のない場合と比較して,天体の出現では早くから見え,没するときはおそくまで見えていて,日本内地では日の出は2分ほど早く,日の入りは2分ほどおそくなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいきさ【大気差】

天体から地球に届いた光が大気による屈折を受けて、地上から見た天体の高度が実際よりも少し高く見える現象。最大で角度の34分以上に達する。気差。濛気もうき差。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大気差の関連キーワードロバート エムデン日の出・日の入りティコ・ブラーエ恒星自動追尾装置プルコボ天文台プトレマイオスアストロラーブタルコット法天体望遠鏡実地天文学球面天文学天体観測天文屈折Tanz天文台視太陽子午儀地表濛気

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android