コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎松記 みやざきまつき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮崎松記
みやざきまつき

[生]1900.1.10. 八代
[没]1972.6.14. ニューデリー空港付近
ハンセン病 (らい) 専門医。 1924年京都大学卒業。ハンセン病患者のために熊本市に建てられた国立の療養所「菊池恵楓園」の園長退官後,59年 12月インドのハンセン病患者の実態を視察,250万人といわれる同国ハンセン病患者の救済を決意して,アジア救らい協会の設立に奔走。 65年 12月ニューデリーの近く,タージマハールのあるアグラ市に,インド救らいセンターを完成,所長として赴任し,診療にあたった。「インド救らいの父」「日本のシュバイツァー」と呼ばれた。東京で開かれた協会理事会に参加して帰任の途中,飛行機事故で死亡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎松記 みやざき-まつき

1900-1972 昭和時代の医師。
明治33年1月10日生まれ。国立療養所菊池恵楓(けいふう)園の園長としてハンセン病患者の治療にあたる。退職後インドで活動,昭和40年財団法人アジア救ライ協会インド・センターの初代院長となる。44年日本医師会最高優功賞。ニューデリーの航空機事故で昭和47年6月14日死去。72歳。熊本県出身。京都帝大卒。著作に「ぼだい樹の木蔭で」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮崎松記の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮崎松記の関連情報