コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎松記 みやざきまつき

2件 の用語解説(宮崎松記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮崎松記
みやざきまつき

[生]1900.1.10. 八代
[没]1972.6.14. ニューデリー空港付近
ハンセン病 (らい) 専門医。 1924年京都大学卒業。ハンセン病患者のために熊本市に建てられた国立の療養所「菊池恵楓園」の園長退官後,59年 12月インドのハンセン病患者の実態を視察,250万人といわれる同国ハンセン病患者の救済を決意して,アジア救らい協会の設立に奔走。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎松記 みやざき-まつき

1900-1972 昭和時代の医師。
明治33年1月10日生まれ。国立療養所菊池恵楓(けいふう)園の園長としてハンセン病患者の治療にあたる。退職後インドで活動,昭和40年財団法人アジア救ライ協会インド・センターの初代院長となる。44年日本医師会最高優功賞。ニューデリーの航空機事故で昭和47年6月14日死去。72歳。熊本県出身。京都帝大卒。著作に「ぼだい樹の木蔭で」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

宮崎松記の関連キーワード宮田重雄武見太郎大岸鹿小野末吉宗盛員中山寿彦細江静男横手英一吉田璋也吉見信義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone