コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮門跡 ミヤモンゼキ

大辞林 第三版の解説

みやもんぜき【宮門跡】

寺院格式の一。古く、法親王、または入道親王が住職となっていた寺院。仁和寺・輪王寺・青蓮しようれん院・知恩院など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の宮門跡の言及

【門跡】より

… 江戸時代になると,幕府は多くの門跡寺院をそのときどきの住持の族姓によって,次のように制度化した。皇子入室の寺を宮(みや)門跡,伏見・有栖川・桂の三宮家より入室の寺を親王門跡,摂家(せつけ)(五摂家)入室の寺を摂家門跡,清華(せいが)家入室の寺を清華門跡,これに東西の本願寺,興正寺,専修(せんじゆ)寺,仏光寺,錦織寺を准門跡と定めた。中世・近世において,皇室や公家は自由に分家は許されなかった。…

※「宮門跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宮門跡の関連キーワード法親王(ほうしんのう)輪王寺宮守澄入道親王勧修寺(かじゅうじ)聖護院宮覚助法親王知恩院宮尊胤法親王輪王寺宮天真法親王明承法親王富小路任節鈴木時信能久親王曼殊院御家流聖護院知恩院仁和寺輪王寺青蓮院三千院勧修寺良瑜

宮門跡の関連情報