コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家忠日記 いえただにっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家忠日記
いえただにっき

松平家忠が徳川家康の側近として仕えた天正5 (1577) 年から文禄3 (1594) 年までを記した日記。7巻。家康をはじめ諸大名の動きや当時の武士の生活を詳しく記録する。国立公文書館そのほかに諸本が伝わる。刊本は『文科大学史誌叢書』所収。ほかに家忠の孫忠冬が編纂した『家忠日記増補追加』 (25巻) があるが,これは『家忠日記』を根本として,文禄3年以前を増補し,慶長1 (1596) 年以降を追加して家康の死んだ元和2 (1616) 年までを記す。徳川氏の創業関係史実をまとめたものとしては最初のものであるが,『家忠日記』と比較して,史料的には価値が希薄である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いえただにっき【家忠日記】

徳川家康の臣松平家忠が身辺におこった日常的なできごとを簡潔に記した日記で,1577‐94年(天正5‐文禄3)に及ぶ。5ヵ国領有時代,関東入部後の徳川氏の発展,家康と信長,秀吉に関することなど重要な記事が多い。成立年代は不詳だが,家忠は1600年(慶長5)伏見城で戦死。別称は《秘本深溝日記》《参州日記》。この時期の徳川氏の発展を知る良質の史料。《続史料大成》所収。【煎本 増夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家忠日記
いえただにっき

徳川家康に近侍した三河(愛知県)深溝(ふこうず)の松平家忠(1555―1600)が日々記述した日次記(ひなみき)。1577年(天正5)10月から1594年(文禄3)9月まで18年間、7冊が現存している。武将の日記として貴重であり、安土(あづち)桃山時代に関する基礎史料の一つである。家忠の経歴からして、家康はもちろん織田信長、豊臣(とよとみ)秀吉らの軍事行動などが知られるばかりでなく、当時の武将の教養、趣味なども家忠の生活を通して知ることができる。[林 亮勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

家忠日記の関連キーワード置目(規定・法律)松平家忠(2)松平忠冬新府城将棋入鹿要害

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android