コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家族的責任を有する労働者に関する条約 かぞくてきせきにんをゆうするろうどうしゃにかんするじょうやく

百科事典マイペディアの解説

家族的責任を有する労働者に関する条約【かぞくてきせきにんをゆうするろうどうしゃにかんするじょうやく】

ILO156号条約(1981年採択)。正式名称は〈家族的責任を有する男女労働者の機会および待遇の均等に関する条約〉。子どもや障害者,高齢者など世話や介護を必要とする家族に対して責任を有し,そのために経済活動への参加可能性に制約のある労働者が,男女を問わず,できる限り職業上の責任と家族的責任との間に抵触が生ずることなく,職業に従事する権利を行使することができるようにすることを国の政策の目的とすること,雇用条件と社会保障において家族的責任を有する労働者のニーズを反映することを目的とした措置をとることなどを規定。
→関連項目労働基準法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

家族的責任を有する労働者に関する条約の関連キーワードホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ[各個指定]芸能部門ラジャイ北川透銀行法座散乱木遺跡灰谷健次郎布野修司ングーギニーナ アナニアシヴィリ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android