コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿次 しゅくつぎ

世界大百科事典 第2版の解説

しゅくつぎ【宿次】

〈宿継〉とも書かれ,宿(しゆく)(宿駅,宿場)の間を順次,人馬を継ぎ立てながら逓送したことをいう。平安時代の中・末期には普及していた語と推察される。室町時代以降は〈宿送(しゆくおくり)〉とも称された。制度としては,平安時代なかばにはすでに衰退していた古代駅制にならって,鎌倉幕府が京都との連絡の便を目的として東海道の要所に宿駅を定め,使者や公物の確実な逓送のための人馬を常備したのにはじまる。鎌倉幕府はあわせて臨時職として宿次過書奉行(しゆくつぎかしよぶぎよう)を任命し,宿次の設備や人馬を利用するには奉行が発行する過所(書)を携行することが必要とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宿次の関連情報