コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄生蠅 キセイバエ

デジタル大辞泉の解説

きせい‐ばえ〔‐ばへ〕【寄生×蠅】

ヤドリバエの別名。

やどり‐ばえ〔‐ばへ〕【寄×蠅】

他の昆虫に寄生するハエ。ヤドリバエ・ニクバエなど。
双翅(そうし)目ヤドリバエ科の昆虫の総称。体は暗色で淡色の斑紋があり、毛深い。剛毛の目立つものを針蠅(はりばえ)とよぶこともある。日中、花に集まるものが多く、幼虫は他の昆虫に寄生。アメリカシロヒトリに寄生するブランコヤドリバエに寄生するカイコノウジバエなど。きせいばえ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きせいばえ【寄生蠅】

ヤドリバエ上科のハエのうち、他の昆虫に寄生する種類の総称。小形または中形で、剛毛が発達する。アメリカシロヒトリなどの害虫に寄生するブランコヤドリバエ、カイコに寄生するカイコノウジバエなど。

やどりばえ【寄生蠅】

キセイバエの別名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

寄生蠅 (ヤドリバエ)

動物。ヤドリバエ科の昆虫の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

寄生蠅の関連キーワード動物

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android