コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄蔵 きぞう

4件 の用語解説(寄蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄蔵
きぞう

贓物罪 (ぞうぶつざい) の一態様で,委託を受けて贓物を保管することをいう (刑法 256条2項) 。有償,無償を問わない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

き‐ぞう〔‐ザウ〕【寄蔵】

贓物(ぞうぶつ)罪となった行為の一。犯罪行為で得た物と知りながら預かり隠すこと。法律用語としては平成7年(1995)の刑法改正以前のもので、改正後は「保管」という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きぞう【寄蔵】

他人が犯罪によって取得した物であることを知りながらそれを保管すること。盗品保管。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寄蔵
きぞう

盗品等を依頼を受けて保管すること(刑法256条2項)。刑法第2編第39章は、1995年(平成7)の刑法改正によって、「贓物(ぞうぶつ)の罪」という罪名が「盗品等に関する罪」に、また、「寄蔵」の語も「保管」に改められた。刑法第256条2項は、盗品等の保管、運搬、有償の譲り受け、処分のあっせんを処罰している。ただし故意犯であり、目的物が盗品等であることの認識を要する。このうち、盗品等保管罪は、財産犯人自身やその他の人から頼まれて、盗品等と知りながら、これを預かったり、質物として受領したりする場合に成立する。通説・判例によれば、この保管は有償・無償を問わない(有償に限るとする説もある)。窃盗犯人など本犯者(共同正犯者を含む)については本罪が成立しないが、本犯の教唆犯や従犯(幇助(ほうじょ)犯)については成立する。ただ、第257条の特例によって、本犯者の配偶者、直系血族、同居の親族もしくはこれらの者の配偶者が本罪を犯した場合には、その刑が免除される。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寄蔵の関連キーワード贓物罪主犯造仏造物贓物・賍物贓物罪・賍物罪犯行贓罪贓品贓物

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone