コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄蔵 きぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄蔵
きぞう

贓物罪 (ぞうぶつざい) の一態様で,委託を受けて贓物を保管することをいう (刑法 256条2項) 。有償,無償を問わない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐ぞう〔‐ザウ〕【寄蔵】

贓物(ぞうぶつ)罪となった行為の一。犯罪行為で得た物と知りながら預かり隠すこと。法律用語としては平成7年(1995)の刑法改正以前のもので、改正後は「保管」という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きぞう【寄蔵】

他人が犯罪によって取得した物であることを知りながらそれを保管すること。盗品保管。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寄蔵
きぞう

盗品等を依頼を受けて保管すること(刑法256条2項)。刑法第2編第39章は、1995年(平成7)の刑法改正によって、「贓物(ぞうぶつ)の罪」という罪名が「盗品等に関する罪」に、また、「寄蔵」の語も「保管」に改められた。刑法第256条2項は、盗品等の保管、運搬、有償の譲り受け、処分のあっせんを処罰している。ただし故意犯であり、目的物が盗品等であることの認識を要する。このうち、盗品等保管罪は、財産犯人自身やその他の人から頼まれて、盗品等と知りながら、これを預かったり、質物として受領したりする場合に成立する。通説・判例によれば、この保管は有償・無償を問わない(有償に限るとする説もある)。窃盗犯人など本犯者(共同正犯者を含む)については本罪が成立しないが、本犯の教唆犯や従犯(幇助(ほうじょ)犯)については成立する。ただ、第257条の特例によって、本犯者の配偶者、直系血族、同居の親族もしくはこれらの者の配偶者が本罪を犯した場合には、その刑が免除される。[名和鐵郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

寄蔵の関連キーワード真清水蔵六(初代)贓物罪・賍物罪三井 高堅贓物罪盗品

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android