コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財産犯 ざいさんはん

4件 の用語解説(財産犯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

財産犯
ざいさんはん

所有権その他の財産的法益を侵害する犯罪の総称。生命,身体,自由,名誉などの人格的法益を保護する犯罪に対するものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざいさん‐はん【財産犯】

主として利欲的な動機に基づき、他人の財産を害する犯罪。窃盗罪・詐欺罪・横領罪背任罪など。財産罪。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ざいさんはん【財産犯】

財物または財産上の利益を侵害する犯罪の総称。窃盗・詐欺・横領・背任・毀棄など。財産罪。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

財産犯
ざいさんはん

他人(国・公共団体を含む)の財産を侵害する罪であり、財産罪ともいう。個人法益に対する罪の一種ではあるが、財産に対する罪である点で、生命・身体・自由・名誉などの人格に対する罪と区別される。
 財産は、物権、債権、知的財産権に大別される。このうち、刑法上の財産犯では、物権と債権が、「財物」および「財産上の利益」として保護されているが、知的財産権については、特許法、商標法、著作権法等の知的財産法のなかに罰則規定を設けている(また、たとえば、漁業権は漁業法により、鉱業権は鉱業法によって保護されている)。
 刑法典は、財産犯として、第2編の第36章から第40章において、窃盗、強盗、詐欺、恐喝、横領、背任、盗品等に関する罪、毀棄(きき)及び隠匿の各罪を設けており、これらの罪の特別罪として、たとえば「盗犯ノ防止及処分ニ関スル法律」に常習特殊強窃盗罪(2条)、森林法に森林窃盗罪(197条、198条)、会社法上の特別背任罪(960条、961条、962条)などがある。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

財産犯の関連キーワード恐喝罪詐欺罪窃盗罪喜捨財物先物マージン贖労府庫真似事物まね俄

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

財産犯の関連情報