コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財産犯 ざいさんはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

財産犯
ざいさんはん

所有権その他の財産的法益を侵害する犯罪総称生命,身体,自由,名誉などの人格的法益を保護する犯罪に対するものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ざいさんはん【財産犯】

財物または財産上の利益を侵害する犯罪の総称。窃盗・詐欺・横領・背任・毀棄など。財産罪。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

財産犯
ざいさんはん

他人(国・公共団体を含む)の財産を侵害する罪であり、財産罪ともいう。個人法益に対する罪の一種ではあるが、財産に対する罪である点で、生命・身体・自由・名誉などの人格に対する罪と区別される。
 財産は、物権、債権、知的財産権に大別される。このうち、刑法上の財産犯では、物権と債権が、「財物」および「財産上の利益」として保護されているが、知的財産権については、特許法、商標法、著作権法等の知的財産法のなかに罰則規定を設けている(また、たとえば、漁業権は漁業法により、鉱業権は鉱業法によって保護されている)。
 刑法典は、財産犯として、第2編の第36章から第40章において、窃盗、強盗、詐欺、恐喝、横領、背任、盗品等に関する罪、毀棄(きき)及び隠匿の各罪を設けており、これらの罪の特別罪として、たとえば「盗犯ノ防止及処分ニ関スル法律」に常習特殊強窃盗罪(2条)、森林法に森林窃盗罪(197条、198条)、会社法上の特別背任罪(960条、961条、962条)などがある。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

財産犯の関連キーワード盗犯等ノ防止及処分ニ関スル法律犯罪被害者補償制度犯罪心理学知的財産権産業スパイ親族相盗少年犯罪刑事政策失火罪財物罪暴力犯贓物罪放火罪横領背任窃盗盗品財物寄蔵牙保

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

財産犯の関連情報