コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹内勝太郎 たけうち かつたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹内勝太郎 たけうち-かつたろう

1894-1935 大正-昭和時代前期の詩人。
明治27年10月20日生まれ。三木露風師事。昭和3年フランスにわたりバレリー,アランに傾倒する。詩集「室内」「明日(みょうにち)」などを刊行,日本の象徴詩を確立した。昭和10年6月25日黒部峡谷で遭難死。42歳。京都出身。著作に「芸術民俗学研究」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹内勝太郎
たけうちかつたろう
(1894―1935)

詩人。京都市に生まれる。家庭不和という不幸な生い立ちのため旧制中学2年で中退。以後、夜学でフランス語を学ぶ。初め三木露風(ろふう)に師事するが、のち離反。1928年(昭和3)渡欧、バレリー、アランの存在を知る。帰国後、象徴主義の詩集『明日(あす)』(1931)を刊行。35年、正当な評価を受けぬまま黒部峡谷で遭難死したが、現在では日本の象徴主義詩人のなかで重要な存在とみられている。没後、詩集『春の犠牲』(1941)、『黒豹(くろひょう)』(1953)などが出版された。ほかに芸術論、芸術民俗学などに注目すべき著作がある。晩年の弟子に野間宏(ひろし)、富士正晴(まさはる)などがいる。[紅野謙介]
『『竹内勝太郎全集』全三巻(1967~68・思潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

竹内勝太郎の関連キーワード竹内 勝太郎富士 正晴富士正晴野間宏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android