コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富本一枝 とみもと かずえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富本一枝 とみもと-かずえ

1893-1966 大正-昭和時代の女性運動家。
明治26年4月20日生まれ。尾竹越堂の長女。明治45年青鞜社(せいとうしゃ)にくわわる。その奔放な言動が「新しい女」として物議をかもし,退社。大正3年神近市子らと「番紅花(サフラン)」を発行。同年陶芸家富本憲吉と結婚。「婦人公論」などに随筆,評論をかき,戦後は山の木書店を設立した。昭和41年9月22日死去。73歳。富山県出身。女子美術学校(現女子美大)中退。筆名は尾竹紅吉(べによし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富本一枝の関連キーワード富本 一枝昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android