コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富沢有為男 トミサワウイオ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富沢有為男 とみさわ-ういお

1902-1970 大正-昭和時代の洋画家,小説家。
明治35年3月29日生まれ。東京美術学校(現東京芸大)で岡田三郎助(さぶろうすけ)にまなぶが中退,新愛知新聞の漫画記者となる。大正11年帝展初入選。かたわら佐藤春夫に師事し,昭和12年「地中海」で芥川賞。32年長編小説白い壁画」を刊行した。昭和45年1月15日死去。67歳。大分県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富沢有為男
とみざわういお
(1902―1970)

小説家。大分市生まれ。東京美術学校中退。画家を志して岡田三郎助(さぶろうすけ)に師事し、のちに渡仏するが、かたわら佐藤春夫の知遇も得て文学活動も行い、美術雑誌『東陽』に発表したパリ留学を描く『地中海』(1936)が芥川(あくたがわ)賞を受賞。ペン部隊に参加した体験をもとに書いた『東洋』(1939)が議論をよび、報道班員として南方へも赴いた。第二次世界大戦後は大衆小説を書いた。[都築久義]
『『富沢有為男選集』全一巻(1970・集団形星)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

富沢有為男の関連キーワード黒人問題朝鮮映画鉄鋼業自動車工業正岡子規熱雲永堀剛敏RCA市民運動醸造業

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone