コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富沢有為男 トミサワウイオ

3件 の用語解説(富沢有為男の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とみさわ‐ういお〔とみさはウヰを〕【富沢有為男】

[1902~1970]小説家・画家。大分の生まれ。東京美術学校中退後、新愛知新聞の漫画記者となる。「地中海」で芥川賞受賞。他に「白い壁画」「侠骨(きょうこつ)一代」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富沢有為男 とみさわ-ういお

1902-1970 大正-昭和時代の洋画家,小説家。
明治35年3月29日生まれ。東京美術学校(現東京芸大)で岡田三郎助(さぶろうすけ)にまなぶが中退,新愛知新聞の漫画記者となる。大正11年帝展初入選。かたわら佐藤春夫に師事し,昭和12年「地中海」で芥川賞。32年長編小説白い壁画」を刊行した。昭和45年1月15日死去。67歳。大分県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富沢有為男
とみざわういお
(1902―1970)

小説家。大分市生まれ。東京美術学校中退。画家を志して岡田三郎助(さぶろうすけ)に師事し、のちに渡仏するが、かたわら佐藤春夫の知遇も得て文学活動も行い、美術雑誌『東陽』に発表したパリ留学を描く『地中海』(1936)が芥川(あくたがわ)賞を受賞。ペン部隊に参加した体験をもとに書いた『東洋』(1939)が議論をよび、報道班員として南方へも赴いた。第二次世界大戦後は大衆小説を書いた。[都築久義]
『『富沢有為男選集』全一巻(1970・集団形星)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富沢有為男の関連キーワード伊谷賢蔵黒田重太郎水谷清油谷達有馬三斗枝甲斐仁代草光信成佐川敏子不破章宮脇晴

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone