コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富良野岳 フラノダケ

3件 の用語解説(富良野岳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふらの‐だけ【富良野岳】

北海道中央部、十勝岳連峰の最南端にある山。標高1912メートル高山植物が多く見られる大雪山国立公園の一部。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふらのだけ【富良野岳】

北海道中央部,上川支庁南富良野町にある火山。標高1912m。十勝火山群に属し,溶岩流からなる成層火山で,山体の開析が進んでいる。爆裂火口が三つあり,西斜面にある火口が直径約500mで最も大きく,頂上部の火口は直径約100m,その北東の火口は直径約250mである。南西には前富良野岳(1624m)が連なる。西麓のベベルイ川流域や南麓の原始ヶ原扇状地には湿地が広がり,原始ヶ原は湿原植物群落恵まれる。【奥平 忠志】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富良野岳
ふらのだけ

北海道中央部、富良野市上富良野町とにまたがる火山。標高1912メートル。十勝(とかち)岳火山群の南西部に形成された成層火山で、広大な溶結凝灰岩の基盤にのり、山体は安山岩質溶岩を主とし、上部の噴出物は橄欖(かんらん)岩などの有色鉱物に富む。頂上部の直径100メートルの火口のほか、その北東に直径250メートル、西斜面に500メートルの火口がある。南麓(なんろく)の標高1000~1600メートルの地に原始ヶ原の湿原が広がる。大雪山(たいせつざん)国立公園に含まれ、北麓の十勝岳温泉から頂上まで約3時間の登山コースがある。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富良野岳の関連キーワード上川支庁上川上川盆地狩勝峠十勝岳根室本線富良野市富良野盆地富良野南ふらの

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富良野岳の関連情報