コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛欽入道親王 かんきんにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寛欽入道親王 かんきんにゅうどうしんのう

1514-1563 戦国時代,貞敦親王の王子。
永正(えいしょう)11年生まれ。後奈良天皇猶子。天文(てんぶん)元年(1532)親王。勧修(かじゅう)寺の海覚法親王のもとで出家。同寺の長吏となり,安祥寺,天平寺の検校をかねた。8年慈尊院の実尊から灌頂(かんじょう)をうけた。永禄(えいろく)6年11月11日死去。50歳。号は後染王院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寛欽入道親王の関連キーワード戦国時代貞敦親王永正

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android