寝食を忘れる(読み)シンショクヲワスレル

  • しんしょく
  • を 忘(わす)れる
  • 寝食
  • 寝食(しんしょく)を忘・れる

精選版 日本国語大辞典の解説

物事に熱中して、寝ることも食べることも忘れる。物事を熱心にするさまにいう語。
※米沢本沙石集(1283)一〇末「身命をすて寝食(シンショク)を忘て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

物事にひどく熱中して、生活を顧みないことのたとえ。

[使用例] 尚中は文久四年に藩命を受け、長崎に行きポンペ弟子となり寝食を忘れて勉学に励んだ[渡辺淳一*花埋み|1970]

[由来] 「三国志・しょく書―しょうしゅう伝」に見えるエピソードから。二~三世紀、三国時代の中国の政治家、譙周は、若いころ、貧しいのに働きもせず、書物を読んではに入って一人で笑い、「寝食を忘る(寝るのも食べるのも忘れてしまうほどだった)」ということです。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寝食を忘れるの関連情報