コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿都[町] すっつ

2件 の用語解説(寿都[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

寿都[町]【すっつ】

北海道寿都郡の町。渡島(おしま)半島の基部西岸にあり,主集落は寿都,歌棄(うたすつ),磯谷(いそや)。寿都湾に臨む良港の寿都は明治期にニシン漁で栄えた。ウニ種苗生産,サケ・マス増殖などを行い,アスパラジャガイモを産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すっつ【寿都[町]】

北海道南西部,後志(しりべし)支庁寿都郡の町。北は日本海に面する。人口4405(1995)。1716年(享保1)江差地方のニシン漁が不漁のためこの地方への出漁者が増え,さらに1802年(享和2)越年の禁が解かれたころから移住者が増し,津軽藩の出張陣屋も置かれるようになった。明治に入ってからも人口が増え,行政の中心としても繁栄した。1918年からニシンが減少し,昭和に入ってからはまったく姿を見せなくなって,ニシン漁は衰退したが,漁港の整備,漁業の近代化は進められ,漁業は発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寿都[町]の関連キーワード支笏洞爺国立公園後志支庁尻別川後志総合振興局胆振後志ニセコ倶知安後志利別川

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone