寿都町(読み)すっつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寿都〔町〕
すっつ

北海道西部,日本海に面する町。 1900年町制。 55年歌棄 (うたすて) ,磯谷の2村,樽岸村の一部と合体。地名はアイヌ語のシュプキペツ (川の名) に由来。江戸時代から大正期までニシン漁で繁栄した。イカ,ホッケ,スケトウダラなどの沿岸漁業とホタテガイ,アワビの養殖が主産業。日本海に突き出た弁慶岬は景勝地。国道 229号線が通る。面積 95.24km2。人口 3137(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寿都町の関連情報