コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉伸吉 おぐら しんきち

3件 の用語解説(小倉伸吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小倉伸吉 おぐら-しんきち

1884-1936 大正-昭和時代前期の海洋物理学者。
明治17年生まれ。海軍省水路部にはいり,潮汐(ちょうせき)の研究につとめる。「瀬戸内海の潮流及び潮汐に関する研究」で昭和5年学士院賞。航海図表,日本近海同時潮汐図,潮汐表などを作成した。昭和11年11月1日死去。53歳。宮城県出身。東京帝大卒。著作に「潮汐」「日本近海ノ潮汐」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おぐらしんきち【小倉伸吉】

1884‐1936(明治17‐昭和11)
海洋物理学者。宮城県仙台市の生れ。1908年東京帝国大学理科大学星学科卒業。海軍水路部技師として,海洋物理学,とくに潮汐学の研究に没頭し,日本潮汐学の草分けとして〈潮汐の小倉〉の名を残す。30年,学士院賞受賞。東京帝大,東京文理大等で講師として海洋学を講義。《潮の理》《日本近海の潮汐》《潮汐学》等の著書がある。【寺本 俊彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小倉伸吉
おぐらしんきち
(1884―1936)

海軍技師、海洋物理学者。仙台に生まれ、1908年(明治41)東京帝国大学理科大学卒業。長く海軍の水路部にあって潮汐(ちょうせき)の調査研究に従事、日本近海の潮汐の総合的な解明と厳密な記述を行った。1930年(昭和5)「瀬戸内海の潮流及び潮汐に関する研究」で帝国学士院賞受賞。のち、動力学的数値計算法により東シナ海、渤海(ぼっかい)、黄海、オホーツク海などの潮汐も調査した。主著に『潮汐』(岩波全書)、『潮汐に関する吾人の知識』(岩波講座・物理学)、『日本近海ノ潮汐』(水路部)などがある。日本近海の潮汐についての知見は今日でも彼に負うところが大きい。[半澤正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小倉伸吉の関連キーワード井伊直方泉伍朗井上勝純大久保光野河合よしの小泉辰之助杉村鎮夫原口徠松村瞭宮崎虎一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone