小字(読み)コアザ

大辞林 第三版の解説

こあざ【小字】

町や村の中の一区画の名。単に字あざともいう。小名こな。 ⇔ 大字

しょうじ【小字】

小さい字。細かい字。 ⇔ 大字だいじ
小さい時のあざな。幼名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐あざ【小字】

〘名〙 町村の(あざ)を、さらに細かく分けた区域。小名(こな)
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉二九「堤、名村などといふ小字(コアザ)があった」

しょう‐じ セウ‥【小字】

〘名〙
① 細かく書いた字。小さい文字。細字
令集解(868)公式「跡云。科罪。謂引律正文小字。結事文処為大字
源平盛衰記(14C前)三九「金泥(きんでい)に書きたる少字(セウジ)の法華経也」
② 幼少時代の呼び名。幼時の字(あざな)。幼名。
類聚名物考(1780頃)姓氏部七「小字、わらはな、童名、小字、これは幼少なる時の名なり」
③ 村・町などを小分けした区分。こあざ。小名(こな)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小字の言及

【字】より

…行政区画の単位で,大字と小字とがあり,ふつう,字というのは小字である。元来は狭い範囲の土地の名であった。…

※「小字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小字の関連情報