コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小寺菊子 こでら きくこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小寺菊子 こでら-きくこ

1884-1956 明治-昭和時代の小説家。
明治17年8月7日生まれ。徳田秋声に師事し,明治44年「父の罪」が大阪朝日新聞の懸賞小説に入選。同年青鞜(せいとう)社に参加し,女性の苦闘を自然主義的手法でかきつづけた。大正3年画家の小寺健吉と結婚。昭和31年11月26日死去。72歳。富山県出身。旧姓尾島。作品集に「百日紅の蔭」「美しき人生」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小寺菊子の関連キーワード昭和時代小説家

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android