コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小寺菊子 こでら きくこ

1件 の用語解説(小寺菊子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小寺菊子 こでら-きくこ

1884-1956 明治-昭和時代の小説家。
明治17年8月7日生まれ。徳田秋声に師事し,明治44年「父の罪」が大阪朝日新聞の懸賞小説に入選。同年青鞜(せいとう)社に参加し,女性の苦闘を自然主義的手法でかきつづけた。大正3年画家の小寺健吉と結婚。昭和31年11月26日死去。72歳。富山県出身。旧姓は尾島。作品集に「百日紅の蔭」「美しき人生」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小寺菊子の関連キーワード加藤武雄中村星湖小金井喜美子桜田常久尾島菊子作花良七添田さつき寺崎浩野沢純横山美智子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone