コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川清彦 おがわ きよひこ

2件 の用語解説(小川清彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川清彦 おがわ-きよひこ

1882-1950 明治-昭和時代の天文学者。
明治15年10月2日生まれ。東京天文台に勤務し,暦,潮汐(ちょうせき)の研究にたずさわる。明治40年東京帝大理科大助手。日本古暦法についての「日本書紀の暦日に就て」などおおくの論文を発表した。昭和25年1月10日死去。67歳。東京出身。東京物理学校(現東京理大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小川清彦
おがわきよひこ
(1882―1950)

天文学者、暦学者。東京・麹町(こうじまち)に、臼杵(うすき)藩士の長男として生まれた。物理学校(現、東京理科大学)卒業後、1902年(明治35)東京天文台に入り、暦・潮汐(ちょうせき)の計算ならびに研究に従事、1907年東京帝国大学理科大学助手となり、かたわら測地学委員会嘱託となった。暦算に興味をもち、ことに日本古暦法研究の先駆者であり、『日本書紀の暦術の研究』は高く評価される。この書は戦時下では公刊をはばかるところがあり、戦後私版で一部の人に発表された。古文学に現れた天文学的記事の独自の研究や、暦学に関する多くの論文を発表した。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小川清彦の関連キーワード上田穣及川奥郎辻隆中村要花沢鼎広瀬秀雄富士田吉治(3代)前原寅吉松隈健彦宮地政司

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小川清彦の関連情報