コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川清彦 おがわ きよひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小川清彦 おがわ-きよひこ

1882-1950 明治-昭和時代の天文学者。
明治15年10月2日生まれ。東京天文台に勤務し,暦,潮汐(ちょうせき)の研究にたずさわる。明治40年東京帝大理科大助手。日本古暦法についての「日本書紀暦日に就て」などおおくの論文を発表した。昭和25年1月10日死去。67歳。東京出身。東京物理学校(現東京理大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小川清彦
おがわきよひこ
(1882―1950)

天文学者、暦学者。東京・麹町(こうじまち)に、臼杵(うすき)藩士の長男として生まれた。物理学校(現、東京理科大学)卒業後、1902年(明治35)東京天文台に入り、暦・潮汐(ちょうせき)の計算ならびに研究に従事、1907年東京帝国大学理科大学助手となり、かたわら測地学委員会嘱託となった。暦算に興味をもち、ことに日本古暦法研究の先駆者であり、『日本書紀の暦術の研究』は高く評価される。この書は戦時下では公刊をはばかるところがあり、戦後私版で一部の人に発表された。古文学に現れた天文学的記事の独自の研究や、暦学に関する多くの論文を発表した。[渡辺敏夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小川清彦の関連キーワード東京理科大学昭和時代天文学者

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android