小平町(読み)おびら

  • 小平〔町〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北海道北西部,日本海にのぞむ町。東部は天塩山地で,中央部を流れる小平蘂 (しべ) 川流域に平地が広がる。 1966年町制。地名はアイヌ語オピラシュペツ (河口のあるところの意) にちなんで,小平蘂と呼んだのち,1948年小平と改称天明2 (1782) 年漁場開設以来ニシン漁や石炭鉱業で開けた。おもな産業は米作を中心とする農業。臼谷,鬼鹿の両漁港にはホタテガイコンブ,タコなどの水揚げがある。臼谷,花岡,鬼鹿は著名な海水浴場。鬼鹿の花田家番屋は,明治後期のニシン漁最盛期の建築で,重要文化財。海岸部を国道 232号線が通る。面積 627.22km2。人口 3336(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小平町の関連情報