コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天塩山地 てしおさんち

7件 の用語解説(天塩山地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天塩山地
てしおさんち

北海道北西部,石狩平野以北に南北に連なる山地。最高峰はピッシリ山(1032m)。平均標高 500~600mで,残丘状の峰がある。東側は断層または撓曲崖(とうきょくがい)で,名寄盆地上川盆地に臨む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てしお‐さんち〔てしほ‐〕【天塩山地】

北海道北部にある山地。日本海に沿って南北に連なり、なだらかな山地が続く。最高峰はピッシリ山で標高1032メートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天塩山地【てしおさんち】

北海道北西部の南北に長い山地。西は日本海に迫り,東は中央地溝帯の天塩川河谷で北見山地と限られる。ピッシリ山(1032m)が最高点で,平均標高500〜600m,主として第三紀層からなり,羽幌,留萌(るもい),宗谷などの炭田,天北油田があった。
→関連項目天塩[町]美深[町]北海道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てしおさんち【天塩山地】

北海道北西部にある南北に細長い山地。東は名寄盆地をはさんで北見山地と相対し,南は神居古潭(かむいこたん)のある石狩川の横谷で夕張山地北部と画される。ピッシリ山(1032m)を最高峰とする標高500~600mの比較的なだらかな地形を示し,残丘のような山峰もいくつか見られる。南から北へ徐々に高度が低くなり,天塩川と頓別(とんべつ)川の河谷以北はとくに低く,宗谷丘陵呼ばれる。天塩川河口部から南方では,山地は直接日本海にのぞみ海岸段丘が発達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てしおさんち【天塩山地】

北海道北部を南北に連なる山地。最高峰はピッシリ山(1032メートル)。東に名寄盆地を隔てて北見山地がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕天塩山地(てしおさんち)


北海道北西部を南北に延びる山地。西は狭い海岸平野を隔てて日本海に臨み、南は石狩(いしかり)川、東から北は天塩川の河谷に区切られる。平均標高約500~600m。最高峰はピッシリ山(標高1032m)。山地周辺にあった天北(てんぽく)炭田・留萌(るもい)炭田・天北油田などが活況を呈した時代もあった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天塩山地
てしおさんち

北海道北西部を南北に連なる山地。北は名寄(なよろ)盆地を隔てて北見(きたみ)山地と相対し、南は石狩(いしかり)川の横谷で夕張(ゆうばり)山地と画される。平均標高は500~600メートルで、おおむねなだらかな山容であるが、最高峰のピッシリ山(1032メートル)をはじめ、残丘状の山峰が所々にみられる。北に向かってしだいに高度が低くなり、北端部の天塩川河谷以北は宗谷(そうや)丘陵とよばれる。山地の西側の主要部は日本海に臨み、海岸段丘が発達している。地質は、山地東部は白亜系を主体とし、西部は新第三紀系からなり、両者の間にトイカンベツ川、安平志内(あびらしない)川、雨竜(うりゅう)川が縦谷を形成する。国有林を主とする山林地帯で、新第三紀系には石炭層が介在し、天北(てんぽく)、苫前(とままえ)、留萌(るもい)の炭田ではかつては石炭採掘が盛んであった。豊富(とよとみ)町では現在も天然ガスの採取が行われる。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天塩山地の関連キーワード渡島山地名寄盆地留萌北海道北広島市島松北海道北斗市中山北海道北斗市野崎北海道北斗市萩野北海道北見市美里北海道北斗市三ツ石北海道北斗市矢不来

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone