天塩山地(読み)てしおさんち

日本大百科全書(ニッポニカ)「天塩山地」の解説

天塩山地
てしおさんち

北海道西部南北に連なる山地。北は名寄(なよろ)盆地を隔てて北見(きたみ)山地と相対し、南は石狩(いしかり)川の横谷で夕張(ゆうばり)山地と画される。平均標高は500~600メートルで、おおむねなだらかな山容であるが、最高峰のピッシリ山(1032メートル)をはじめ、残丘状の山が所々にみられる。北に向かってしだいに高度が低くなり、北端部の天塩川河谷以北は宗谷丘陵(そうやきゅうりょう)とよばれる。山地の西側の主要部は日本海に臨み、海岸段丘が発達している。地質は、山地東部は白亜系を主体とし、西部は新第三紀系からなり、両者の間にトイカンベツ川、安平志内(あびらしない)川、雨竜(うりゅう)川が縦谷を形成する。国有林を主とする山林地帯で、新第三紀系には石炭層が介在し、天北炭田(てんぽくたんでん)、苫前炭田(とままえたんでん)、留萌炭田(るもいたんでん)の炭田ではかつては石炭採掘が盛んであった。豊富町(とよとみちょう)では現在も天然ガスの採取が行われる。

岡本次郎

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「天塩山地」の解説

天塩山地
てしおさんち

北海道北西部,石狩平野以北に南北に連なる山地。最高峰はピッシリ山(1032m)。平均標高 500~600mで,残丘状の峰がある。東側は断層または撓曲崖(とうきょくがい)で,名寄盆地上川盆地に臨む。西側は日本海に迫り海岸段丘が発達。北部天塩川が先行谷的横谷をつくって横切り日本海に注ぐ。地質的には東部は白亜系,西部は古第三紀層と新第三紀層が主体。山地の大部分を占める国有林からおもに広葉樹を産する。ピッシリ山周辺は朱鞠内道立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「天塩山地」の解説

天塩山地【てしおさんち】

北海道北西部の南北に長い山地。西は日本海に迫り,東は中央地溝帯の天塩川河谷で北見山地と限られる。ピッシリ山(1032m)が最高点で,平均標高500〜600m,主として第三紀層からなり,羽幌,留萌(るもい),宗谷などの炭田,天北油田があった。
→関連項目天塩[町]美深[町]北海道

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「天塩山地」の解説

てしお‐さんち〔てしほ‐〕【天塩山地】

北海道北部にある山地。日本海に沿って南北に連なり、なだらかな山地が続く。最高峰はピッシリ山で標高1032メートル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「天塩山地」の解説

てしお‐さんち てしほ‥【天塩山地】

北海道北部の山地。中央地溝帯を隔てて北見山地に対する。最高峰はピッシリ山(一〇三二メートル)。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「天塩山地」の解説

てしおさんち【天塩山地】

北海道北西部にある南北に細長い山地。東は名寄盆地をはさんで北見山地と相対し,南は神居古潭(かむいこたん)のある石狩川の横谷で夕張山地北部と画される。ピッシリ山(1032m)を最高峰とする標高500~600mの比較的なだらかな地形示し,残丘のような山峰もいくつか見られる。南から北へ徐々に高度が低くなり,天塩川と頓別(とんべつ)川の河谷以北はとくに低く,宗谷丘陵と呼ばれる。天塩川河口部から南方では,山地は直接日本海にのぞみ海岸段丘が発達している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android