コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小杉玄適 こすぎ げんてき

3件 の用語解説(小杉玄適の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小杉玄適 こすぎ-げんてき

1730-1791 江戸時代中期の医師。
享保(きょうほう)15年生まれ。若狭(わかさ)(福井県)小浜(おばま)藩医。宝暦4年京都で刑死人の下げ渡しをうけ,師の山脇東洋らと日本初の人体解剖にたちあう。その記録は東洋によって「蔵志」として刊行された。のち江戸詰めとなり杉田玄白に解剖の模様をつたえた。寛政3年1月7日死去。62歳。本姓は佐治。名は在寛。字(あざな)は敬見。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小杉玄適

没年:寛政3.1.7(1791.2.9)
生年:享保15(1730)
江戸中期の漢方医。日本で最初の公許による解剖を実現させた。名は在寛。佐治隆建の次男。のちに若狭国(福井県)小浜藩医小杉玄統(誠之)の養子となる。延享3(1746)年京都に出て,宝暦3(1753)年山脇東洋に師事。翌年小浜藩医原松庵,伊藤友信との連署で京都所司代に願い出て許可を受け,山脇東洋主宰の人体解剖を実現させ自らも解剖に加わった。同7年江戸詰になったとき,観臓の実況を小浜藩の杉田玄白に話し強い刺激を与えている。近代医学への扉を開いた山脇,杉田のふたりに大きな影響を与えた人物である。晩年は内科産科を開業し江戸で没した。<参考文献>日本学士院編『明治前日本医学史』5巻

(蔵方宏昌)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小杉玄適
こすぎげんてき
(1730―1791)

江戸時代の医師。山脇東洋(やまわきとうよう)とともに日本初の人体解剖を行った先駆者。若狭(わかさ)国(福井県)の人。名は在寛(ありひろ)、字(あざな)は敬見(けいけん)、号は玄適。若狭小浜(おばま)藩酒井忠用(ただもち)(1720―1775)の侍医であったが、1753年(宝暦3)古方(こほう)派の大家山脇東洋に入門、翌1754年、主君に願い出て死体を下げ渡され、これを解剖させ観察した。これはのちに山脇東洋が『蔵志(ぞうし)』として出版した。またその解剖後、杉田玄白(げんぱく)に人体解剖の実行を説くなど、先見の医家であった。[矢数道明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小杉玄適の言及

【杉田玄白】より

…堂号を小詩仙堂,天真楼といった。官医西玄哲にオランダ流外科を学んだが,その水準にあきたらず,同藩の僚友小杉玄適が京都の山脇東洋に学んで江戸に帰り,東洋の人体解剖や京都の古医方派の動向を伝えたのに刺激され,家業とする外科領域で新しい道を開く志を立てた(22歳)。こうして,中国の外科書を総ざらいし病門を整理して納得できる治法を集め,それに玄白が見聞した日本の経験的薬方や治法を加えて《瘍家大成》の編述を企てた。…

※「小杉玄適」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小杉玄適の関連キーワード竹川政辰横谷友信湯本求真漢家漢方医公許雑方家土田献大塚敬節矢数道明

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone