コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林珍雄 こばやしよしお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小林珍雄
こばやしよしお

[生]1902.3.2. 横浜
[没]1980.4.10. 東京
カトリックの宗教社会学者。 1926年東京帝国大学法学部卒業。 31~33年,35~36年フランス,ドイツに留学。岩下壮一の影響で洗礼を受け,その「カトリックに市民権を」の理念に共鳴して,カトリシズムの紹介普及に努めた。 38年上智大学に奉職,予科長,経済学部長などを経て名誉教授。 48年以降は,中村中学・高校理事長,校長をも兼ねた。『キリスト教百科事典』 (1960) などを編纂,61年以降は『岩下壮一全集』 (9巻) を編集。ほかに『法王庁』 (66) など百余の著訳書がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林珍雄 こばやし-よしお

1902-1980 昭和時代の宗教学者。
明治35年3月2日生まれ。岩下壮一の影響で昭和6年洗礼をうける。「カトリック大辞典」編集委員をつとめる。13年上智大教授,29年同大経済学部長,36年上智学院理事。昭和55年4月10日死去。78歳。神奈川県出身。東京帝大卒。著作に「宗教と政治」「法王庁」,編著に「キリスト教百科事典」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林珍雄の関連キーワードクラウス(Johannes Baptista Klaus)昭和時代タルド

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android